FC2ブログ

2011.06.20 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 ●谷渡りの木(タニワタリノキ) ★水团花 - 筆架山公園

●谷渡りの木(たにわたりのき) ★水团花
088

●谷渡りの木(たにわたりのき) ★水团花  (筆架山公園 2011.6.18)

初めて見たのは8月の梧桐山(944m)登山の時でした。いつもと雰囲気を変えて古道を登ってみようと林の中を進んでいました。
不意に見たことのない小さなまりのような花を無数につけた木がありました。よく手入れされた花のように美しくていやされました。人が触れることのできないところで咲いていたのがよかったのかも知れません。

これも最近になって名前が判明したものです。
突き出ているのはめしべでおしべはほとんど花の中に隠れているとのことで、咲いたときにはめしべは機能せず、めしべにおしべの花粉がべっとり付いているとのこと。

原産は九州南部から東南アジアで、日本では宮崎県以南の山地の谷間の湿地に育つとのことです。

谷渡りの木 (たにわたりのき)
水团花・水團花(shuǐ tuán huā)

科属名アカネ科タニワタリノキ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)





梧桐山で (2010.8.14)
梧桐山で 目が覚めました。きれいでした




関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by