FC2ブログ

2007.09.10 カテゴリ:深圳・香港スポット >  イミグレ・口岸 

【深圳/香港 イミグレ】 福田口岸を行く


深圳 新開通の福田口岸を行く
2007年9月



8月15日に開通してから3週間、やっと重い腰を上げて福田口岸を通ってみました。
まずマンションを出て歩いて30分、地下鉄・車公廟駅へ。徒歩30分程度なら歩くことにしています・・

会展中心駅で地下鉄4号線に乗り換え皇崗駅へでます。
エスカレータでイミグレへ。ここからは全く羅湖と同じ手順です。違うのは新しいのできれいなこと、深圳と香港のイミグレの間の橋にムービングウォークが設置されていることでしょうか。

で、イミグレを抜け香港側へ出ると羅湖と同じように香港ドルと人民元の両替所がありました。羅湖と同じように恐ろしく交換レートが悪い・・・100香港ドルを102人民元で買うというのは時代錯誤みたい。

KCRは落馬洲駅から次の上水駅までの運賃が20香港ドル。これは羅湖駅から上水駅までと同じ破格の超高運賃。当然乗る気にならず見学だけ。



深圳地下鉄・皇崗駅から深圳側イミグレへ


この地下鉄駅の名前が2008年8月、「皇崗」から「福田口岸」に変わりました。
この深圳地下鉄4号線は香港のMTRが30年間の経営権と沿線周辺(約3k㎡)の住宅開発権を持っていますが改称となんか関係あるのかな。








深圳のイミグレを終え橋を渡って香港のイミグレへ


ムービングウォーク


香港のイミグレへ



香港のイミグレを抜けるとKCRへ向かうエスカレータが




KCR落馬洲駅改札前



香港側から
左の川の向こうが深圳。 クリックすると大きくなります



さて、福田口岸にはバスもあるとの情報を得ているのでこれも見学。エスカレータがありますが写真を撮りながら階段を下ります。バスターミナルと行き先を確認。大バス、ミニバス共に元郎行きのみのようです。上水方面はKCRに乗るしかないようです。



バスターミナルへの通路






KCR落馬洲支線




ミニバス 75番




で、もう一度KCR方面に戻ろうと、階段へ。
「ん・・」
「No Entry」の文字。引き返すことができないのです。バスのりばへの一方通行でした。まあ、開通して間もないこのイミグレ、「間違いました」と言って引き返すことはできるでしょうがバスに乗ってみることにしました。
75番のミニバスは元郎まで6香港ドルと激安、オクトパスも利用できます。これに乗ります。

福田口岸を出たミニバスはきれいに整備された新しい道を走ります。そして従来の細い道に入ります。と・・・
初めてみるとちょっと気持ちが引き締まってきます。
imigure_s_3-2-25_200.jpg
映画での戦場のようにくるくるとらせん状に巻かれた鉄条網が塀の上部に取り付けられて延々と続いているのです。赤サビて昔の名残を思わせるようなものではなく、比較的新しいと思うような鉄条網。ますます自由に深圳と香港の間を行き来できるようになった昨今、どうしてこんな必要があるのかと残念。
そして出てきたのが落馬洲のイエローバスのりばでした。ここまでは新ルートで一部新設道路でしたがここからは従来のルートで元郎へ向かいました。
ちなみに落馬洲イエローバスのりばから福田口岸までこのミニバス75番で4.5香港ドル。




そして香港から深圳へは逆ルートをたどります。
橋は2階になっていて1階部分が香港→深圳。

入出国審査を終えて深圳に戻ります。
帰途には地下鉄ではなくバスに乗ることにして路線を調べます。
ありました。241路のバス、1.5元。安いのですが空調無しの古いタイプのバスで本数がかなり少ない。でもこのバスを使えば深圳の自宅から香港の元郎まで合計7.5元と激安。



香港側のイミグレへ


香港のイミグレを抜けて深圳側の皇崗へ向かいます


深圳へ向かう橋


深圳のイミグレの窓から


入国審査を終えて皇崗へでます


新しくなった皇崗駅前のバスターミナル


現在のところバスは4路線だけ、しかも203路(地王ビル方面)以外はかなり本数が少ないです。241路に乗るのに20分ほど待ちました。




しかしながらイミグレを通るときに感じてしまうのは・・・・
KCRの深圳と香港の間の1駅20香港ドルの超高運賃を維持しているのには陰で取引があるのではと思ってしまいます。

皇崗口岸のイエローバスにしても普通の感覚の3倍ほどの高運賃、これも何かあるのではないかとつい勘ぐってしまいます。たぶん日本と同じなのだろうなあと。
そう思ってしまうのでよけいにこの1駅20香港ドル区間はボイコットしたいのです。

でもこの福田口岸には皇崗口岸のイエローバスに相当するものがなくなったり、香港側にバスターミナルができたり(現在のところ上水へはKCRしかありませんが)と少し進歩したのでしょうか。
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by