FC2ブログ

2010.07.25 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

《深圳の山》夕立のあとに虹が - 塘朗山公園から

梧桐山にかかる虹  右端に香港馬鞍山

《深センの山と公園》 夕立のあとに虹が - 塘朗山公園から

虹の梧桐山

朝目を覚ますと裏山は少しかすんで透明度があまりよくないようでちょっとショック。
まあでも家にいるのも面白くないので、久しぶりにたこ焼きを作って食べたあと裏山から塘朗山に抜ける3時間半コースを行ってみることにした。

梅林山公園の聖人大座の山頂から見ると香港・馬鞍山が見えるのでそんなに透明度は悪くなさそうだ。そして塘朗山公園に入る。
茶香径(塘朗山公園のトレール)の入り口付近から梧桐山を見ると空が雨が降っていそうな灰色。ほどなくここにも雨が・・また昨日と同じかな・・とちょっと憂鬱。
写真のネタを探しながら木陰で雨宿りを。雨が激しくなり傘をさして30分。
やっと小降りになってきた。何か雨の面白い写真ネタはないかと見ると・・・なんと梧桐山に虹がかかっていた。初めて見る虹に夢中になってシャッターを。香港・馬鞍山もよく見えている。
虹は1-2分で消えたが初めての虹の撮影に憂鬱は吹っ飛んでしまった。

いつもの掃除のおっちゃんにも会ったし、なかなか今日はいいことが・・と思ったら予備の電池を充電するのを忘れていて塘朗山で珍しく雲のかかっていないランタオ島の山々を撮影できなかった・・・自分が悪いのだけどショック。まあしゃーないか、今日は虹だけで満足しておくか・・・

と言う、半分大吉、半分凶の日でした。

塘朗山と南山


珍しく雲のかかっていない香港ランタオ島の山々
手前は香港・青山、圓頭山、そして九径山、背後にランタオ島・鳳凰山、大東山など・・
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by