2010.07.16 カテゴリ:深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   《深センの山と公園》 久しぶりに筆架山公園へ

香港の山々をバックに 筆架山頂から山頂よりも高い地王大厦を

《深圳の山と公園》 久しぶりに筆架山公園へ (2010.7.15)

久しぶりに筆架山公園へ

深圳に戻って初めての公園です。
もう花の季節が終わったのか、新しい花は見かけませんでした。ただ、ピンクの崑崙花(こんろんか)やゴールデンシャワーなど、がたくさんあるのを発見。どうして今まで気がつかなかったのでしょうか・・


花びらが細くなった巴西野牡丹
巴西野牡丹の花びらの細いタイプかな、と思ったら、ただ花びらが反り返っているだけでした。花期の終わりにはこうなるのでしょうか。

山頂から

新しいカメラ
以前のカメラの受光素子はCCDでしたが新しいのはCMOS。
タイプの違いでしょうか、画像に多少の違和感があり露光に苦労しています。カメラ自体の画像処理もちょっと気になります。慣れるまでには時間がかかりそうです。
ただCMOSということで電池のもちがよくなったことは感じます。

花が少なくなりました


ガジマルと桃色崑崙花 崑崙花も枯れそうになりながらも花期が長いですね。


鬱金珊瑚(うこんさんご)、パキスタキス・ルテア


大浜朴(おおはまぼう) / 黄槿


登山口への道はゴールデンシャワーの並木でした


花期は過ぎているような感じ



筆俊峰(低い峰の山)から香港青山がはっきり


深圳最高峰の梧桐山頂は雲の中



下山道、ここまで来ると車の騒音が


さるすべりも


鳥です

初めて見る鳥です。何でしょうか・・

メジロの集まっている樹がありました。メジロは葉の陰に体を隠すのでなかなかうまく撮れません。

香港で鳥かごに入れられたメジロを見ましたが、それで警戒している?


これも初めて見ると思います。
暗い中で手ぶれとピンぼけ・・・


帰り道はいつものように見事なガジマル並木


関連記事
  • あこがれはScenewayさんのような写真
  •  tabijin 
  • 2010.07.17 17:41  
  •  [ 編集 ]
画像がかなり鮮明ですね。とてもきれいでどれも私のお気に入りです。
特に、めじろの画像は最高です。

カメラ、私も始めました。でも むずかしいです~。
ことごとく、平板でつまらないものばかり。
当分、シャッターを押すだけの日々が続きそうです。

Scenewayさんのように、感動的なまでに被写体の美しさを引き出す撮り方が
どんなに難しい事か、改めて解りました。
ありがとうございます。

習うより慣れろ、まずは始める積極性が先決ですからね。
将来の強豪と思って身を引き締めておきます。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by