FC2ブログ

2010.07.14 カテゴリ: 生活 

《深セン生活》 深センでぬか漬けに挑戦

《深圳生活》 深圳でぬか漬けに挑戦

ぬか漬けに挑戦
日本で「ぬか漬けの素」と言うのを買ってきました。ぬかのほかにぬか床に必要な塩や昆布や唐辛子などが配合されていて湯冷まし水を入れかき混ぜてぬか床を作るもの。
地元奈良の会社「つけもと」社製700g入り270円。これで1.5kgのぬか床を作れます。ほかに補充用として550g入りのいりぬかも購入しておきました。

簡単な密閉容器とポリ袋のようなあの薄い手袋を深圳ウォルマートで購入。容器はやたらと韓国語で書いてあるのですが深圳近くの中山市の製造です。電子レンジにも使用できると書いています。内容量は3リットル。37元。


ぬか漬けの素

3リットルのポリ容器


ぬか漬けの素を湯冷まし水700ccでかき混ぜると容器のほぼ半分に収まりいい感じ。
試しにキュウリとくず野菜を塩もみして少し入れて見ました。
できあがったぬか床
これらをぬかの中に入れ込んで上から強く押さえ込んでふたをして終了。重しがないのですがこれは以後考慮するとしてとりあえずこういう形で雰囲気を。
冷蔵庫に保存、1日2回以上かき混ぜばさい、と言う説明にしたがいます。


試食
時々かき混ぜながら半日以上つけ込みました。キュウリはかなり小さくなってふにゃふにゃになりました。
初めての場合は少し塩辛いかも知れません、という説明書通りに少し塩辛いですが実にいいお味です。浅漬けよりもいい。
このあとなすび(深圳のなすびは日本のと違い非常に大きい)も漬けて試食。少し塩分が足らないので醤油をかけて。
慣れたらたくあん作りにも挑戦してみます。

S&Bぬか漬けの素
S&Bぬか漬けの素と言うのもあるそうな。
すでにかき混ぜてあるようで袋の中に材料を詰め込むだけということで非常に簡単そうです。ただ、何回か使用すると新しいのを買ってください、と言うことらしい。
僕の性格的には合わないのでぬか床作りでやっていこうと思います。

今回使用したぬか漬けの素 →  つけもと株式会社 
S&Bぬか漬けの素 →  S&B 

関連記事
  • おいしいお漬物が出来ますように。
  •  tabijin 
  • 2010.07.17 17:56  
  •  [ 編集 ]
結構まめな方なんですね。
作っているところを想像いたしますと、何か微笑ましくなってまいります。

ぬか漬けがお好きなあまり・・・と云うことでしょうか。
そのうち、糠床も馴染んでだんだん美味しくなることでしょう。
いやあ、深センで日本風の漬け物が食べたくて・・・
JUSCOで買っても日本料理屋でも高いし、というけちな発想から自分で作ってみようということにしたわけで・・・おはずかしい。

ぬか床は半永久的に使えて使うほど熟成する、というのがなぜかうれしいですね。お味も浅漬けよりもいい感じだし。将来を楽しみにしています。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by