FC2ブログ

2010.06.05 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《深圳花暦》 ヒメノカリス  ささがにゆり/ 蜘蛛蘭

ヒメノカリス/蜘蛛蘭 - 筆架山公園で
020

《深圳花暦》 ヒメノカリス/蜘蛛蘭


深南大道のヒメノカリス(2008.6.21)
当時はまだ名前を知りませんでした
香港も深圳も同じ気候ですから同じ植物でも不思議はありません。ハイビスカスとか大花百日紅(おおばなさるすべり)や木栴那(もくせんな)など、共通によく見る花も多いのです。

ただ自生のものが少ないようで多くは人の手で植えられていると思いますので趣味の違いでしょうね、見かける花がけっこう異なります。
深圳ではヒメノカリスが咲き始めました。深圳でピュラーなのがこのヒメノカリスだと思います。あちこちの歩道の緑地帯に広く植えられていますので季節になればあちこちで目にすることができるはずです。
中国名は蘭の名前が付いていますがヒガンバナ科(ユリ科に分類されることもあるようです)の植物です。

名前について
実はこの花も日本で使われている学名と中国で幅広く使用されている学名が異なるのです・・・
で、和名のささがにゆりとは種類が違うのかも知れません。
ヒメノカリスは学名です。

ヒメノカリス
蜘蛛兰・蜘蛛蘭 (zhī zhū lán)
水鬼蕉 (shuǐ guǐ jiāo)

科属名ヒガンバナ科ヒメノカリス属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)

筆架山公園で 2010.5.29


筆架山公園で



桃源村で 2010.5.30


そして同じ桃源村の塘朗山公園の提琴桜(南洋桜)/琴葉珊瑚 2010.5.30


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by