FC2ブログ

2010.05.19 カテゴリ: ブログ 

ブログ開設4周年 ブログとアク禁の日々

五月

ブログ開設4周年 2010.5.19

ブログ開設4周年

Exciteでの初代スキン
2006年5月19日にExciteでブログ(Exblog)を始めてから4周年となりました。今日から5年目に入ります。

ブログとアク禁(アクセス禁止措置)
Exblogがたしか2008年2月頃、中国でアクセス禁止となり中国での閲覧ができなくなりました。裏技を使いながら1年ほど我慢をしていたのですが2009年3月にFC2に引っ越し、そしたら今またFC2ブログがアク禁。つらいですね。
Exblogがアク禁になった頃は、まあ今までの記事のまとめをするのにいい機会かなと思い1ヶ月あまりをかけて1000記事近くあった過去記事を整理、統合して350記事程度に再編集(記事数は減らしても内容は維持)、2009年3月1日FC2に引っ越ししたのですが今回はちょっとショック。

私の性格的にカスタマイズにこだわるので使えるブログサービスが限られてきます。今回、逃避先にso-netを選んだのですが他に使えると言えばLivedoorぐらいであとがありません。そのLivedoorも会社自体がややこしくなっている上、画像が中国でアク禁っぽいので二の足を踏みます。
so-netはSeesaaブログのシステムを使っているとのことなのでSeesaaブログも使えるとは思うのですが、ここはちょくちょくアク禁対象になっていて・・・
中国でブログを運営するのも並大抵ではありません。

で、はじめはFC2からso-netに引っ越ししようかと考えたのですが、結局は体力勝負覚悟でFC2とso-netの2本立てで行こうかと思っています。FC2のアップには少し面倒ながらも裏技アメリカ経由でFC2にアップしています。投稿時の手間がないように両ブログのCSSファイルも調整しました。
まあ、中国でのブログ運営はアク禁との戦い、もしso-netがアク禁になったら・・・ 考えないことにします。
so-netの誕生日を2010年5月1日に決定。

そう言えば、Yahoo GeoCities、長いアク禁から解放されみたいです。現在Exciteブログ、FC2ブログ、FC2ホームページのほかアク禁があるのは大手ではGoogleブログやGoogleのアルバムなど多数。

Exblog FC2ブログ so-netブログの比較
こうしてExblog、FC2ブログ、so-nettと3つのブログを編集してみると、Exblogはカスタマイズ自由といいながら制約が多すぎました。それにバックアップ機能がなく万一の引っ越しがしんどいため、今はExblogがアク禁解除になっても戻る気はしないですね。

一番自由度があり機能が充実しているのはFC2。ただし、文字のエンコーディングが日本語なので中国語表記に気を遣わなければなりません。特にInternet Explorerで問題が起こりやすい。
たとえば(深圳)・・・深圳と書いてあるのですが、これをIEで見ると(深曙V)となります。

so-netはユニコードなので中国語表記は問題がなく、そこそこ考えられていて非常に便利ですが動作が極端に遅い。まあこれは以前からわかっていたのですが今回ふたたびテストしてみると少し改善されたような気がしたことと、何より、いい仕様だと改めて感じたからでした。それでも画像の自動アップソフトがなかったらso-netにミラーサイトは作らなかったでしょう。画像だけでも8500枚、350Mをアップしなければなりませんでしたから。
それにしてもso-netは独特の基準があるようで350Mの写真をアップするとso-netの「メーター」では700Mになってしまって1Gの制限まで余裕がありません。現在すでに750M。これもまた頭の痛いことです。

今年度のテーマ・・・
まあ、いろいろストレスのたまる要因はあるわけですがここは負けずに前向きに行きましょう。

私が深圳を初めて訪れたのは1992年。当時は見渡す限り土を掘り起こした赤土の風景でした。それから18年後、見事に緑いっぱいとなった深圳。今また特区内にとどまらず、年々急激に町並みが整備されさらに緑が増えています。それにつれて草花や樹木、鳥たちも身近にたくさん見るようになりました。

で今年度のテーマは植物、動物など、深圳・香港の自然環境を取り上げることにしました。まあすでに取り上げているようなものですが。
5年目もよろしくお願いいたします。


深圳の幹線道路 深南大道(水晶島付近)
現在は地下総合駅建設のため大規模な地下工事中であちこち掘り返されてます  →地下鉄建設記 福田駅


歩道(左に道路)の緑地帯に咲き始めた黄胡蝶(おうごちょう) - 香梅路で


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by