FC2ブログ

2010.04.14 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

【深圳花暦】 なごりのチャイニーズ・ハット(中国名:冬紅) 筆架山公園

チャイニーズ・ハット(中国名:冬紅)

《深圳花暦》 なごりのチャイニーズ・ハット  ★冬紅 (2010.4.14)

夕方暗くなりかけの筆架山公園を散歩していると今まではたぶん遠目に見てブーゲンビリアかなと思っていたのですが・・・
気が向いて望遠で花をとらえてみると・・・
『おや・・・ わっ、チャイニーズハットちゃうのん、これ』
見るのはこれが初めてですが、何か調べていたときにおもしろい名前の花、と思って頭に残っていたのです。
「トルコ人の帽子」(頷き姫芙蓉、スリーピング・ハイビスカス)と「中国人の帽子」(チャイニーズ・ハット)。
この二つで印象強かったのかな・・・

まあでもどうして見過ごしていたのでしょう・・ともかくチャイニーズハットと知れました。でも気がつくのが遅かったかな・・もう花もおしまいなのかも知れません。見た感じちょっとみすぼらしい。

チャイニーズハット
テングバナ
冬红・冬紅 (dōng hóng)

科属名クマツズラ科ホルムショルディア属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



これは筆架山公園前の道路のガジュマル並木
関連記事
おはようございます。
夜の歩道も森のように枝が茂っていますね。

深センの友達がGWにビジネスビザで日本に来ることになりました。
香港経由で飛行機に乗るのですが、(友人は飛行機も海外旅行も初めて)
私が仕事で迎えに行けず、送りにもできないので、日本語がわからない友人はちゃんと成田から渋谷までたどりつけるのか・・・・・心配です。

中国のお土産に深センの小石か砂(そこらに落ちている)をお願いしたら、そんなものでいいの?と言われました。
そういうものが本当のお土産だと私は思っているのですが、そこのところは伝わっていないようです。。。
ここの街灯が灯るのを初めて見たのです。いいなと思ったのでアップしてみました。

小石か砂というの、ちょっとびっくりです。でもいいアイデアですね。紅樹林公園にでも行っておもしろそうなものを拾って来ましょうかね・・・
こんにちは。
紅樹林公園の小石のupを楽しみにしています。

私にとってのお土産は、そこに行かないと手に入らないもの、です。
ですから、コテコテのいかにもお土産~というのも大好きです。
民芸風の鉛筆とか、絵葉書とか。。。
コテコテのお土産品は、たいていmade in chinaなので、中国のお土産は
一番中国らしい気もします。
ガーン・・宿題が一つできてしまいました。

この前帰省してこちらへ戻ってくるときに安いおみやげをたくさん買い込もうしたらほとんどが「made in China」。買いそびれました。
昔はハワイのおみやげをもらったら「made in Japan」だったという話が多かったのですが時代も変わったものです。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by