FC2ブログ

2009.10.19 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

《深圳の山》塘朗山から梅林水庫へ(1) 絵日記

深圳南山区/福田区 《塘朗山から梅林水庫へ》 (1) 絵日記

福田区・梅林水庫の夕暮れ



山散歩 《塘朗山から梅林水庫へ》 (2009.10.18)

2週間ほど、風邪でのどの痛みが続いている。ちょっと心配で最近はなるべく安静にしているがなかなか治らない。

10月27日の私の登山記念日の梧桐山登山も近いので少しはトレーニングをしておかないとということで軽めのトレーニングに塘朗山(430m)に出かけた。
3時間程度のつもりで早めの昼食をとり昼に出発。
バスで桃源村へ。ここは来るたびに新しいマンションができてきれいになっている。緑化もよく進んでいて気持ちがいい。


展望スペースから桃源村を

塘朗山頂へ

登山口
今日は2つの登山口のうち、石門から遠い方の荔雲登山道。傾斜が45度近くありそうな石段で始まる。
10分ほどで一つめの休憩地点、そしてここから展望できるところがある。
僕にとってはいい展望スペースなのだが、公園側としては展望台とするつもりがないのか、草木が生い茂って隠れてしまっている。草木を分けて展望スペースへ。
建設中で覆いがかかっていたマンション群も覆いがとれて全貌が見える。引き渡しも間近いだろう。さらに続いて新しいマンションが建設されている。二期工事?
ほんとにきれいな街になったと思う。

ランタナ、ブーゲンビリア、白花栴檀草などの咲き乱れる径を写真を撮りながら進む。本線からはずれてちょっと懐かしいところを(おそらく古道)行ってみた。ブッシュをかき分けていくので手が少しスリ傷。日焼け止めがしみてひりひりする。


レモンユーカリ
遠く南山が望めるのですが
出発前は能見度はまあまあかと思っていたらけっこう悪くなってきた。山頂手前の長城風道路からの展望はだめ。南山がかすかに見えるだけ。
カラカラ、ブーンと言う人工の音が聞こえてきた。何かと思っていると街灯に取り付けられたミニ風車の回る音・・偏芯しているのではないかい。作りが悪い。太陽電池パネルもあるとことを見るとミニ風力発電?

三ヶ月ぶりの塘朗山頂へ。ここから見る地下鉄工事はよく進んでいる。駅舎らしいのも見え始めた。


塘朗山頂から北側を。 山は羊台山脈


梅林水庫へ

分岐点を見上げる


とんでもないルート・・
そしていつものように梅林山公園への径をとり1時間程進んだところで、いつも気になっていた分岐点にでた。今日はこの分岐する方に行くつもりなのだ。
と、久々にこのトレールを掃除している人と出会う。仕事なのか趣味なのか知らないがこのトレールで以前に3回、彼と出会っている。で、けっこう気安い。「ニーハオ」
尋ねてみた。
「ここから・・・」
すかさず
「梅林水庫に行けるよ」
と言うことで心配することなくこの径を。

梅林水庫の北側を巡るルートだがとんでもないルートだった。急坂の地道。砂がかかっているので滑りやすい上、木が少ない。おそるおそる次の木に向かって少しずつ下りる。やっぱりステッキを持ってくるべきだったか・・
前にカップル発見、彼らもまたおそるおそる下りている。まあ、香港よりはましだけど・・・

傾斜の緩やかなところに出て安心したかと思えばまた・・・と言う気の抜けないルート。
20分ほど進むと別のカップルが休憩中。さすがに気候もよくなってきたので人が多い。彼はこちらを見て「一人か?」「そうだ」
彼はよく来るみたいで、ここから梅林水庫までは1時間半から2時間で行ける、と言う。時刻を見ると15時50分、2時間だと午後6時で明るさのギリギリ。でもまあ、めどはついた。
そして気の抜けない径を20分ほど行くと、突然、石畳の整備された径が出現、ちょっとびっくりだった。でもこれで暗くなっても安心だと思った。

梅林山公園



お辞儀草
道の両側は花盛り、ハイビスカス、アメリカ浜車。と、アメリカ浜車に混じってピンクのアザミのような花が・・近づいて写真を。思わず咳をしたら、息が勢いよく葉にかかって葉が閉じた・・・もしかしてお辞儀草?手で葉に触れるとどんどん葉を閉じていく。多分そうだ。帰って調べるのが楽しみ。他の所にもあったのかも知れないが気が付いたのは今日が初めて。

ところどころで空のペットボトルを持った人たちが水を汲んでいた。飲めるのだそうだ。どんな味なのか試してみたかったが、あまりにたくさんの人が並んでいるので遠慮する。

新しく整備されたと思われる展望所や街灯、美しい。梅林山公園もこのあたりはよく整備されているようだ。僕のマンション裏山の梅林山公園が整備されるのはいつだろう・・


整備されていた梅林山公園
整備された径を1時間あまり歩いてやっと梅林水庫に着く。あの彼が1時間半かかると言ったのはぴったり。
帰りのバスに乗る時はすでに日が落ちて黄昏時だった。
軽めのつもりだったが撮影時間の長かったこともあって4時間半の歩きだった。撮影枚数は280枚。

塘朗山から梅林水庫


写真へつづく

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by