FC2ブログ

2009.10.03 カテゴリ:香港の山と公園 >  新界西北部の山-青山/乾山/圓頭山 

《香港の山》元朗・乾山から圓頭山 - 深セン展望コース(2) 乾山へ

香港の山 元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ -  深圳展望コース (2)

深圳・南山から見た香港新界西北部の山々
genrou20091002_2-1_600.jpg



香港元朗・乾山(394m)から圓頭山(375m)へ - 深圳展望コース 
(2009.10.2)

深圳のあちこちからよく見える香港の山に青山から圓頭山にかけての山々がある。深圳・南山(336m)から見ると深圳湾大橋とともに目の前に見える。ことにとがった山頂の青山と丸い山頂の圓頭山は象徴的だ。あの山に登って深圳を眺めたいと思うのはごく自然的か・・
というわけで初めてアタックすることにした。何となく思っていたのは青山から圓頭山へ縦走だったが、青山へ行った時の資料を見ると時間がかかりすぎると思われるのでまずは青山に登った時の最終地点、良景から乾山、圓頭山へ縦走してみることにした。

出発 - まず乾山へ
いつものように福田口岸からまず75番のミニバスで元朗へ。元朗から軽鉄615番に乗り換えて「良景」駅へ。駅数14で4.4ドル。
良景から団地の中を郊外へ歩くとほどなく乾山への舗装された登山道に着く。まずたっぷりと日焼け止めを塗って・・・

朝の散歩帰りの地元の人々が下りてくる。時々「チョーサン(早晨)」のあいさつ。道ばたの花々の写真を撮りながら進む。深圳、香港の植物をまとめだしてからたくさんの花の名前を覚えたのでますます興味が向くようになった。
急な登りの舗装道を上り詰めて舗装がとぎれると径はガレ場の目立つ径と変わる。標高200mあまりだろうか、ここから標高394mの乾山へ向かう。

それにしても暑い。風は心地よいのだが日差しがきつい。貧弱ながらも木陰のあるところで十分に休憩をとりながら尾根づたいにゆっくり進み、ガレ場、急坂を登り切って乾山の山頂に到達。
さすが、深圳の展望はすばらしい。視界がよくないながらも感激。
お腹がすいたので持ってきたおにぎりを一つ食べて休憩。木陰がないのだが、うまい具合に雲が太陽を時々覆ってくれたし、風が心地よい。

つづく


乾山の山頂から青山、九径山方面を望む


より大きな地図で 乾山から圓頭山へ を表示

乾山 山頂へ
登山口 ここから出発
genrou20091002_2-3_600.jpg

genrou20091002_2-3a_400.jpg

紅羅雲がお出迎え

ハイビスカスの径を行く
genrou20091002_2-4a_250.jpg genrou20091002_2-4_600.jpg

初めて見る花、鮮やかな赤・・縷紅草(るこうそう) 中国名・五角星花
genrou20091002_2-5_600.jpg

右の地肌径を行くと乾山への登山道
genrou20091002_2-6_600.jpg

左が乾山
genrou20091002_2-7_600.jpg

乾山への径、ガレ場
genrou20091002_2-8_600.jpg

ふり返ると青山
genrou20091002_2-9_600.jpg

九径山と青山
genrou20091002_2-11_600.jpg

さらに進んで
genrou20091002_2-10_600.jpg

うっすらと深圳湾大橋
genrou20091002_2-12_600.jpg


乾山頂

そして山頂
genrou20091002_2-13_600.jpg

乾山頂から見た次の目標、圓頭山
genrou20091002_2-14_600.jpg

つづく
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by