FC2ブログ

2009.06.04 カテゴリ:深圳・香港スポット >  深圳・香港 移動方法 

【深圳/香港 移動方法比較】 (1-1) 深圳から香港尖沙咀付近 その1

【深圳/香港 移動方法比較】 (1) 深圳から香港尖沙咀周辺へ その1
2009.06.04

深圳から香港への移動
深圳で生活すると日常の買い物、交友などで香港に行くことが多くあります。
そのときに問題なのがアクセス方法。日常のことなので安価にしたいけど面倒はいやだし時間的にも考えないと・・・
ということで実際に使ったものや他の方法などいろいろなパターンを考えてみました。


深圳から香港尖沙咀周辺へ


深圳から香港・尖沙咀というとまず頭に浮かぶのが羅湖からMTR(元KCR)で紅磡へのコースですが金額的には大きなネックがあります。
羅湖から次の上水までの1駅がなんと20ドル。上水から紅磡まで(30kmぐらい)の8.5ドルに比べて2倍以上だということと、さらに紅磡から羅湖までなら20+8.5で28.5ドルのはずなのですが通しで買うと33ドルとダブルパンチ。
これだと上水から紅磡までの運賃8.5ドルを差し引いて24.5ドルが実質的な羅湖から上水までの運賃ということになるでしょう。
これらは落馬洲・上水間でも同じです。
たまの仕事ならともかく、生活で利用する場合、これは考えなければならない大きな問題です。

気休めの対策は上水で降りて改札を出て再び入場する方法。これで差額の4.5ドルをゲット。
では上水から紅磡まで一等車に乗ってみましょう。料金は20+8.5x2で37ドル。羅湖・紅磡間を通して一等車に乗ると66ドルなので差は歴然。
 参考 →  MTR路線図 

では各イミグレからの方法です。

羅湖口岸から

羅湖口岸(深圳から)
MTR(元KCR)
羅湖→紅磡  33ドル(オクトパス31.3ドル)
上水で下車、改札を出て再入場した場合 28.5ドル(オクトパス26.8ドル)
羅湖→尖東 36.5ドル(オクトパス34.8ドル)
所要時間は40分ぐらい


皇崗口岸から (香港・バスターミナル落馬洲) MTR落馬洲ではありません

直通バスを利用

並ぶ直通バス (香港側)
深圳側イミグレを通過するとずらーっと直通バスが並んでいます。その中に油尖行きがあります。チケット売り場は奥の方でオクトパスも使えます。

皇崗口岸→油尖(佐敦付近)
30ドル (オクトパス25ドル)
所要時間は30分から50分

降り口はMTRに接続していない(油麻地駅にしている時もある)のでけっこうやっかい。終点は西九龍に近いところ。→  詳細図 


イエローバス 皇崗口岸深圳側


夜の落馬洲バスターミナル(香港側)


ミニバス17番の上水の停留所
駅前ではないのでわかりにくい
イエローバスを利用

イエローバスの使い方
イエローバスは皇崗口岸で深圳側と香港側のイミグレーションをつなぐバスです。
利用方法は深圳側イミグレを通過したあと7ドルを支払いイエローバスに乗って香港側イミグレへ。
香港イミグレを通過したあと、再びイエローバスに乗って香港落馬洲バスターミナルへ。
香港から深圳へは逆コースをたどります。

尖沙咀へ
まずイエローバス(7ドル)で香港落馬洲バスターミナルへ。ここからは元朗・屯門へのバス多数あり。
上水・粉嶺への大型バス76Kもありますが本数が少ないので元朗からのミニバス17番で上水へ(5.5ドル)。
上水からMTRで紅磡へ(8.5ドル)。
このコースの運賃は7+5.5+8.5で21ドル。
安いのですがイエローバスも含めて乗り換えが多い上、ミニバス17番が上水駅から少し離れているので歩く必要あり。
荷物の多い場合はしんどい。

ミニバス17番、落馬洲側の停留所はターミナルではないのですが、道路沿いにありすぐにわかります。上水側はバスターミナルではなく小さな道路にありちょっと分かりにくいので上水から落馬洲へ行く時のために落馬洲から上水に着いた場所をよく覚えておきます。


上水 ミニバス17番のりば ( 《 元朗 》と書かれたところ )
imigure_20090604-11_400.jpg

つづく  -つぎはそのほかのイミグレーションから尖沙咀方面へのの越境です-
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by