FC2ブログ

2009.05.18 カテゴリ:香港の山と公園 >  馬鞍山郊野公園-馬鞍山/飛鵝山 

《香港の山》新界西貢・馬鞍山郊野公園 飛鵝山(飛鵞山)-雲中のカオルーンピーク(602m)へ (1)

香港新界西貢・馬鞍山郊野公園 飛鵝山-雲中のカオルーンピークへ (1)
まず雲中の東山へ


飛鵝山 (飛鵞山, Kowloon Peak)
九龍半島。馬鞍山郊野公園に属し標高602m。


香港新界西貢 馬鞍山郊野公園 雲中のカオルーンピークへ (1) (2009.5.10)

雲に隠れたカオルーンピークへ。
ダイヤモンドヒル、鑽石山からタクシーに分乗して出発。どんどん高みに登って行く。以前藍田に住んでいた頃バスの行き先でよく見ていた慈雲山方面へ向かい沙田坳で下車。
タクシーでかなりの高度に来たようだ。地図では300mの等高線がある。とすると602mのカオルーンピークへはあと300m。
香港に来てよく感じるのだが香港の山登りはけっこうな高さまでバスなどで登って行くので山頂までの標高差がかなり少なくなる。ランタオ島のランタオピークでも標高934mとそこそこなのに出発点からの標高差は500m程度。そしてその標高差を長い距離で時間をかけて登って行くようなところが多い。ほぼ0mの標高から出発して階段で最短コースで登ることの多い深圳の登山とはかなり違う。整備が進みふつうに娯楽登山のできる香港だからなのだろうか・・

ま、とにかく沙田坳から出発。ここから マクリホーストレール(麦理浩径)ウィルソントレール(衛奕信徑) の共用のトレールを進んでまず東山(542m)に登り、象山(585m)、飛鵝山(602m)へと北から南へ縦走する。

ふつうならばライオンロックがきれいなはずだけどあいにくの天候で飛鵝山の山頂も雲に隠れて見えなくて残念。また天気のいい時にひとりで来てみるかな。


獅子山-ライオンロック山頂から見た飛鵝山-カオルーンピーク (2009.1.10撮影)



出発




飛鵝山頂は雲の中


下界には陽光が


ライオンロックが見えた 少しわかりにくい角度


マクリホーストレールとウィルソントレールと共用するトレールを行く



マクリホース
M100標距柱


ウィルソン
W045標距柱



飛鵝山道




視界はどんどん悪くなる




まず東山(542m)へ




つづく

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by