FC2ブログ

2008.11.29 カテゴリ:香港の山と公園 >  郊野公園/香港島 

《香港の山》香港島・大潭郊野公園鰂魚涌・柏架山(532m)、畢拿山(436m)へ (1)


香港島・大潭郊野公園鰂魚涌・柏架山(532m)、畢拿山(436m)へ
2008年 11月 30日

柏架山(Mount Parker)から見た九龍
大帽山、旧空港(啓徳空港)、獅子山(ライオン・ロック)



大潭郊野公園は香港島の太古の南にあり、1977年に制定された部分と79年に制定された鰂魚涌拡建部分に分かれ、合計16平方キロ、香港島の五分の一にあたります。
柏架山(506m)と畢拿山(436m)は鰂魚涌拡建部分にあり、MTR鰂魚涌駅近くから登山道が始まり、よく整備されています。香港の四大ハイキング道、全長78kmのウィルソン・トレールの第2ステージが南北を縦断、全長50kmの香港トレールの第6ステージが通ります。
HP →  大潭郊野公園 




香港の山 柏架山(Mt.Parker)と畢拿山(Mt.Butler) (2008.11.29)

香港島の山、初挑戦です。
大潭郊野公園、拡建部分にある柏架山と畢拿山の登頂を中心にハイク。鰂魚涌(Quarry Bay)に住む友人と歩きました。

柏架山へは舗装された道を行きます。標高300mぐらいにある「大風坳」までは憩いの公園風によく整備されていて危険もなく歩きやすい登山道でした。
さらに上へも舗装されていますが登る人はぐっと減ります。頂上は2つに分かれ、山頂はそれぞれレーダーとアンテナが占領。ここから眺めます。
眺めは最高、またもや一人で声を。
大帽山、獅子山(ライオン・ロック)、それに旧空港(啓徳空港)など眼下に広がります。
さらに東の海には貯水湖から中環(セントラル)へと続きます。
再び大風坳に戻り、数百段の石段を登って畢拿山頂へ。ここ二は三角点があるだけで360度の眺望。
そしていつものごとくごちゃごちゃ適当に進んで下山。元の柏架道に戻ってきました。

それにしても天気が最高で眺めも最高。とても気分のよい週末でした。




畢拿山頂から中環(セントラル方面)を遠望






関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by