FC2ブログ

2020.08.27 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》思いがけずサバイバルコース - 白雲仔頂

サバイバルコース - 白雲仔頂(★白云仔顶335m) (2020.8.26)

初めての山です。山の計画は交通の便が問題、バスがばんばん通っている所はきわめて少ない。苦労する所です。今回はバスの終点から3km近く歩きます。広珠城軌の「南朗」站からだと83路のバスで終点の合理站へ。


8.4km
4時間15分(移動時間 2時間45分)
累計上昇 393m
累計下降 371m

ルートの色は標高を表します。緑色は標高が低く、黄色からオレンジ色になるほど高くなります。

白雲仔頂(★白云仔顶)
六只脚HP




白雲仔頂へ



一帯は新築中
アプリの道案内で合理村から歩きます。「バスも通わぬ」田舎なのですが登山口近くに来ると民家は新築ばやりでたくさんの新しい家が。建築中も多い。田舎ですから1戸建て。しかも豪華。





水庫から白雲仔頂
そして水庫の柵が道路を遮断。入れないのかなと思ったら人の通路はあるみたい。柵で囲まれた水庫の周りを歩くと今日の目標、白雲仔頂らしき山が目の前に。





分岐点
犬がほえまくって近づいてきます。こちらも反撃で犬に向かって突進すると犬は後ずさり。噛みにくるような犬ではなさそうでちょっと安心。ふと見ると山に入るトレールが。
ここが一般道路との分岐点のようです。


しばらく進むと崖、そしてだんだんトレールが草で覆い尽くされて探っていかないとルートがわからなくなってきました。草でわかりにくい上、谷側の方は踏み外せば滑り落ちるはず・・で、山側の草を手でよけながら山側よりに進みます。腕も足も草に攻められます。途中でレッグカバーを、そして両手に軍手をはめて・・かなり役に立ちました。このときアームカバーもしとけばよかったのですが。
そして


崖を登り・・

草を押しのけ・・右は谷

ミニ滝を抜けて・・


ちょっととんでもないサバイバルルート、夏に利用するルートではありませんでした。冬になって草が枯れたときに通るトレールですね。次回は冬にしましょう。



サバイバルコースを抜けると普通に山頂へのルートに・・
用心しながら1時間近くかかってサバイバルルートをようやく抜け出るとやっと普通のルートになりました。

30分ほど登ると白雲仔頂の山頂に到着。
展望はすこぶるよろしい。東南の方、珠海から香港、深圳とすばらしい展望です。残念ながら能見度が悪く深圳、香港はほとんど見えず・・
今後展望が楽しみな場所。



白雲仔頂山頂からの展望


下山は先日行った長江水庫東の福獲方面に抜けるコースを・・と思っていたのですがルートがわからず今回は来たルートを引き返します。
サバイバルコースはやめて分岐点から直接下るコースがあったのでこちらを通ります。単純な下りコース。
そして最後に着いた所は・・ あの犬がほえまくっていた分岐点でした。写真を見ると左へ行くルートがあります。草で隠れていましたがここに到着、なんじゃい!

あとはバス停まで一途に歩くだけ。



終わってみれば少ない歩数、どうりで・・・


白雲仔頂へ

めざす白雲仔頂






ミニ滝も抜けて・・


なむあみだぶつ


山頂から箭竹山水庫


珠海淇澳島


赤とんぼ(★短腹異蜻)


白雲仔頂へ
おわり
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by