FC2ブログ

2020.07.10 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》ちょっと焦りました・・馬填嶺から白雲頂へ

ちょっと焦りました・・馬填嶺から白雲頂へ (2020.7.9)

初めての山です。馬填嶺(★马填岭)321m。久しぶりにしっかり歩きました。

13.1km
5時間30分(移動時間3時間40分)
累計上昇 605m
累計下降 604m

ルートの色は緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。

马填岭~白云顶
六只脚HP


朝食のあとタブレットを見ていてまだ行っていない山があるのを思い出しました。
長江水庫西側では白雲頂が一番南、さらに南の山、馬填嶺。行き方が少し面倒そうなので放っておいたのですが、行ってみようと思い立ちました。午後に出発、時間的に間に合わなければ下見だけでもいいか・・と。
城桂路の工事の関係でいくつかのバス路線が暫定的に迂回するルートが設定されています。で私の家から城桂路へ行くバスに乗りやすくなりました。バス停の近くの市場でリンゴとパンを買いました。


馬填嶺から白雲頂へ


五桂山石鼓で下車して歩きます。程なく標距柱と書かれた案内が。
香港、マカオではよくありますがこちらで見たのは初めて。ちょっと感激です。

「南粤古駅道 岐澳古道 標距柱」となっています。ルート図の①地点にWGS20があり200m先にWGS19が。200m間隔で設置されているようです。
残念ながら途中で道を変えましたので最後まで行けませんでしたが次の機会にここを歩いてみましょうかね。200m間隔だと4km先にはWGS1があるでしょう。


長くハイキング的ななだらかな道が続き少しずつ登っていきます。5kmほど歩くとだんだん急坂になり一気に馬填嶺頂上へ。これで本日の目的達成です。あとは別のルートで標距柱に戻れるはずでした・・
ルートは確認できるものの草で覆われていて・・少し進んでみましたが最後までこれだと不安があるので引き返し白雲頂へのルートに変更。

時間的にどうかと思いましたがよく知っている白雲頂のルートを選択。
白雲頂に到着したのは17時前。これまでで時間的に一番遅い到着。ここから一番楽なルートで下山します。自然と早足に。

結局1時間20分ほどで下山できました。18時20分、白雲頂の登山口に到着。夏至が終わったばかりなので日は長い。まだまだ十分に明るい。とりあえずよかった。
それにしても13時から歩き初めても一つのコースを歩ききれるもんです。


あれこれ
馬填嶺を下山して白雲頂との分岐点で突然にテントが出現。中で誰かがくつろいでいました。時刻、場所からして今日は帰るつもりのないような・・・ここで泊まるのでしょうかね。


平地が多かったのでけっこう歩数が上がっています。


馬填嶺山頂からの展望




馬填嶺から白雲頂へ

竹林が続いていました


古道との分岐点です。五桂山西入口となってます








山頂近くで急激に登ります。


ちょっと残念な馬填嶺山頂。でも展望はOK。


馬填嶺山頂からのビューにたぶん途中撤退した丫髻山森林公園のあのマッターホルンが見えました・・




途中初めて南側から見る白雲頂









関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by