FC2ブログ

2020.06.15 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》白雲頂・夏に衣替えの風景 ラハイナヌーン

白雲頂・夏に衣替えの風景 ラハイナヌーン (2020.6.11)

春から夏の風景に衣替え
少し来ないうちに風景が夏に衣替えしてました。褐色から緑の風景へ。
枯れ草っぽい色と視界のぼやけた季節から樹木が青々と視界もくっきり、そして空の色が違います。それもそのはずで太陽が頭の真上を通過するラハイナヌーン季節。
おかげで暑くて登るスピードがとろとろ。水分もペットボトル2本、1本は冷凍してリュックの中に。1本を飲み終わった頃には少し溶けて冷水が飲めます。

ここら辺のラハイナヌーンは6月4日でしたので少し日が過ぎてますのでステッキの影が少しずれてます。

蝉の抜け殻も


そろそろ蜘蛛の巣が・・
そしてもう一つ・・蜘蛛が元気になって蜘蛛の巣を張り始めたことですね。ここらあたりのルートは人も少ないし固定した道筋がないのでこの季節初めてのルートをとることも多いので蜘蛛の巣がたくさんできてます。十分注意はしていたのですが今年もやってしまいました、蜘蛛の巣の顔面突破。何回も・・気持ち悪い。
深圳の時は顔面突破をすると蜘蛛の糸が細いナイロンの糸みたいに強くて切れるときにぶつっと言う音の聞こえることもあったのですが中山の蜘蛛の巣は見た目通りのもろさ。蜘蛛の種類が違うのでしょうかね。帽子を深くかぶってトレッキングポールを立てて進みます。

厳しい環境でしたが風景はすばらしい。





白雲頂へ

白雲頂山頂から長江水庫を展望


白雲頂







そろそろ花期も終わりの姫椿


オオバゲッケイ
山油柑(shān yóu gān) / 降真香(jiàng zhēn xiāng)

花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by