FC2ブログ

2020.05.17 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《竹篙嶺山脈めぐり》竹篙嶺山脈縦断 三郷へ 竹篙嶺山脈最高峰

竹篙嶺山脈縦断 (2020.5.16)

さて今回は新しい山脈に挑戦します。三郷方面、五桂山山脈の南西に小ぶりの山脈、竹篙嶺山脈があります。今回はこの山脈最高峰・白水林頂を通って山脈縦断。


10.9km
5時間20分(移動時間4時間12分)
累計上昇 605m
累計下降 625m

ルートの色は緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。

白水林頂
六只脚HP



竹篙嶺山脈最高峰へ


準備

まずトレール地図を作成
当初の予定は山脈最高峰を通ったあと山脈西側に抜けるコースでした・・
まずは準備です。先人の軌跡をいくつかピックアップして自分のナビ地図にコピー、今回予定のルートは色を変えて・・・上の赤点が出発点、左の赤点が終点の予定でした。
そして3日前に出発したのですが雲行きが大いに悪くなって竹高山での白水林頂の展望では雨雲が今にも雨を降らせそうな・・ということで撤退、本日の再挑戦となりました。


竹篙嶺山脈へ
うって変わっての大きな太陽が照らします。息苦しいほど暑い。前回同様、犬の群れのワンワン威嚇を聞きながら登山口から出発。
竹高山、山脈最高峰の白水林頂と順調に進みここから下山モードでX地点の鉄塔へ。さてそこらじゅう探しても続く道がない・・最後に思い当たったのは大きめの排水溝のようなコンクリートブロック。ブッシュ(草・・)に覆われてどうつながるか、下へ落ち込むのか、先が全くわからない。
この軌跡が5年前のものだとわかり、ちょっと今回はこのコースを見送ることにして代わりのルートを探します。南へ縦断するルートに決定して分岐点へ引き返します。でも分岐点ってあったかな・・
急勾配を下りてきたので急勾配を登ります。ありました、ひっそり林に続く道が。よかった。ただこのルートも最近あまり使われてないような感じで苔に滑らないよう要注意、でも最後まで続いていました。
そして鉄炉山水庫に到着。どうやらここが終点。あと2kmほどの舗装道を歩いてバス停へ。

帰りのバスが結構大変でした。ここは我が家から直線距離でも30km近くあります。まず普通のバスに乗り、途中で番号にKのつく快速バスに乗り換え。ただこのバスがゆっくり。次の乗換駅まで1時間半もかかって・・・しょうがない。

思わぬ時間をとったので帰り道で外食することにしました。前にいつ外食したのか思い出せないほどすごく久しぶりの外食。
少し塩分が気になりましたがとてもおいしかった。
ごちそうさま。





竹高山~白水山頂をめぐる



龍潭水庫


懐かしい花に出会いました。香港の山に登ると今の季節にはこの花の咲いている所が多いのですが深圳や中山ではお目にかかることが少ない。
実は3日前に来たときは元気よかったのですが3日でけっこう元気がなくなってました・・旬の花。
中国語の名前が悩ましいですが「娘」は中国語ではお母さん。

天人花(てんにんか)
桃金娘 (táo jīn niáng)
 花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12






竹高山山頂付近から白水林頂を望む


そして気になったのがこの山。とても興味が出ました。次のターゲットかな・・


これも旬の花、★木荷に昆虫。身体にいっぱい花粉をつけて役目を果たしてます




白水林頂の山頂に着きました。サンドイッチを食べて次へ




予定変更。ここから南進するルートに・・竹篙嶺山脈縦断ルートへ


もうここは坦洲かな?




カッコウアザミが・・


鉄炉山水庫にやって来ました






これまた久しぶり、使君子(しくんし)
使君子 (しくんし)
使君子 (shǐ jūn zǐ)
花 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by