FC2ブログ

2020.01.23 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》白雲頂へ - 大いに道を取り違える

五桂山脈めぐり 白雲頂(369m)へ (2020.1.16)


8.8km 4時間40分  ですが・・
図からもわかりますが今回大幅に道を取り違え2kmあまり余計に歩いています。
ロスがなければ6.5km 4時間というところ。



ルートの色は緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。





今回かなり道を取り違えロスをしています。これまでとは違い見た目にはなかなかわからない分岐点が何箇所かあった上、ルートをたどるのに踏みあとがわかりにくくとんでもない方向に行ってしまう感じ。ナビ(六只脚アプリ)がなかったらまず迷子です。


白雲頂をめざして


五桂山脈、長江水庫の西側を縦断する城桂路は現在改造工事中。今回もこの道を行く091路のバスに乗ります。工事中のためバス停も制限されていて今回下車しようとした停留所はスルー・・・困った。で、やっと降りられた所はうまい具合に出口として予定していた所。従って今回は予定の逆コースを行くことになりました。

出発。登山口はこれまでとは違い簡単に見つかりましたが・・汚い。ゴミがいっぱい。
どんどん登ったあとはいくつかの小さな峰を越えていきます。
いきなり・・道を取り違えました。気づいたのはかなりオーバーランしてから。そして戻ってもまだ目的のルートがわからず行ったり来たり・・ナビを見ながら歩いてもどこが・・?やっとそれらしいルートを見つけたときはすでに2kmあまりのロスが・・・1時間近いタイムロスかな。
いろいろありながらも出発から2時間ぐらい歩くとめざす白雲頂らしき山が見えてきました。まだあといくつかの峰を越えなければならないようです。さらに1時間ほど歩いて出発から3時間、ついに千秋嶺の山頂へ。351mの山に3時間。ロスがなくても2時間ほどかかったことに。

で、下山です。急激に下りますがある程度下るとまたいくつかの峰を越えることに。尾根歩きのような感じですかね。どんどん続き最終的に千秋嶺に到達できるはずですが途中から下るルートに入ります。下山もいくつか迷いながら先人のあとをナビに取り込んでたどります。それでもルートを見つけるにはかなりの試行錯誤が必要でした。
そしてやっと到着した出口はすごい所、民家の庭のような・・・
始めここから出発する予定にしていましたがとても見つけられる所ではありませんでした。
出口を出ると



「食水之源 厳禁進山」と書かれていました。どうやら緊急下山の時は使えても登山時には使えないかな。



千秋嶺から撮影した写真
前回の千秋嶺登山道から撮影したものですが今回白雲頂に登ってみてこの一番左の三角頭の山が白雲頂と気づきました。



今回のルートは写真の白雲頂の右側の山に登山口から一気に登り左方向に尾根歩きするイメージですね。どうりで時間がかかるわけです。
白雲頂の山頂からは写真手前に向かって尾根歩き。途中から一気に下山、と言うルートです。今回のルートがとてもよくわかる写真でした。



あれこれ
この日も砂の登山道、顔を指でなぞると砂でざらついてます。気持ち悪い。帰ってシャワーをして全身を洗います。お肌つるつるに。ついでに洗濯も。

城桂路は建設中。





五桂山脈・白雲頂へ


登山口から出発






リボンがなければルートがわかりません


どうやらめざす白雲頂のようです


あと少し




山頂です


山頂 雷があった?




下山します。今回初めて見えた長江水庫




見返りの白雲頂




城桂路が見えて


ここから出てきました。個人が管理してるのか市の管理なのか・・


白雲頂へ
おわり
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by