FC2ブログ

2019.12.08 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》獅頭山(狮头山) - ふたたび山頂へ

獅頭山(狮头山)へ - ふたたび山頂へ (2019.12.6)

前回の下山で気になっていた分岐点。今回はもう一つのコースで下山してみました。


10kmほど 4時間弱

前回のルートに今回のルートを重ね合わせてみました。前回の下山分岐点でもう一つの方向に行ってみました。

いつもの散歩コースの長江路に下りてきました。最後は滑り落ちそうなブーゲンビリアの急坂。

あといくつか分岐点があったのでゆっくり踏破していきましょうかね。






寒いですね。温度の程度は違いますが日本に寒波が来るときはこちらも寒いです。こちらに戻ってきたばかりの時は半袖短パンの時もありましたが今はまあまあ重装備。日本、来週には暖かくなるようですがこちらも暖かくなるかな?季節も冬至に向かってまっしぐら、どんどん日が短く・・

気候が変わって乾燥期に入ってきたので汗をかくと思い切りのどが渇きます。水分は絶対必要ですね。
山に入ると急に風が強くなってきました。風は冷たい。家からふもとまでは陽も思い切りあたっていたので汗ばんでいたので風邪に用心。

それにしてもこの山、けっこう登山する人が多いですね。いつ行っても人がいます。他と違って整備されていないので石段もなく自然なトレールなのでマニアの人が多いのでしょうかね。私も同じなので。
で、皆さん健脚です。普通の娯楽登山場なら私も登るのがけっこう早いほうだと思うのですが、ここでは皆さん登るのがとても早い。なかなかいい山です。


下山道から



あれこれ
前回言っていたスローガンのようなワーニング。あちこちにあります。
「足跡だけ残してゴミ残すな」


下りの終点。赤いブーゲンビリアの右横を滑るようにおります。上から見ると距離はわずかですが垂直に落ちるような感じでとても怖い。




獅頭山 ★狮头山

看板の右が登山口です。この巨岩を登って登山口へ


自然のトレールを登ります


山頂。長江水庫が展望できます。冷たい風が強くてとても寒い


山頂から私の家付近を。


下山していると登ってくる人もいました。挨拶をして・・・


この辺はほんとに岩ばかり。深圳の羊台山を思い出しました。




生物望厦林帯って何でしょうね。ここが起点になってます。起点と言うことは・・・すぐ下山ですね


で、出てきました。長江路歩道。ブーゲンビリアが目印



獅頭山
おつかれさん
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by