FC2ブログ

2019.12.07 カテゴリ: マカオ 

《マカオ》新交通システムが12月10日開通 年内は運賃無料

新交通システムが12月10日開通 年内は運賃無料

マカオの新交通システムの開通日が12月10日に決まったようです。年内は運賃無料とのこと。

マカオの鉄道事業者、マカオLRT社は12月6日、同社が運営するマカオLRT(新交通システム)タイパ線について、12月10日に開業すると発表。2012年末の本格着工から丸7年で開業にこぎつけた。マカオではこれが初めての本格的な軌道系大量輸送機関となる。
・・・・
マカオLRT第1期プロジェクトは、国際入札を経て日本の三菱重工と伊藤忠商事の共同体が駅舎と土木工事を除くLRTシステム一式を46億8800万パタカ(日本円換算:約633億円)で受注。東京の「ゆりかもめ」と同タイプのクリスタルムーバー型の日本製列車(ゴムタイヤ、自動運転)。
マカオ新聞より


試運転 2019年7月23日撮影








マカオLRT第1期プロジェクト タイパ線(★氹仔線)
開業区間 :  タイパフェリーターミナル(★氹仔碼頭)駅 - 海洋駅間9.3キロ、11駅。
運転時間 : 月 - 木曜日 6時30分 - 23時15分
       金 - 日曜日・パブリックホリデー 6時30分 - 23時59分
運転間隔 : 5 - 10分
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by