FC2ブログ

2019.12.01 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山地めぐり》獅頭山(★狮头山)へ - 見つけました

獅頭山(★狮头山)へ  (2019.11.27)

帰省前にチャレンジして途中で引き返した所です。改めて挑戦してきました。

バスがあまり便利でもないし歩いてもそんなに遠くないので今回も家から歩いていきます。



9kmあまり 3時間半
高度計では獅頭山山頂は260m程度。







獅頭山(★狮头山)へ


始めはバスで広東薬科大学まで行こうとしてたのですがバスの便が悪い(本数がない)ので歩くことにしました。前回の所からさらに進みます。だんだん視界が開けてきていい感じに。次の山頂は前面の視界が大きく開いて長江水庫が眼前に広がりました。この日はすでに冬の能見度、とても見通しがよくないのですが夏の能見度のよい日はいかばかりかと期待させます。

地図アプリで位置を確認するとほぼ獅頭山で間違いなさそう。岩だらけのでこぼこした山頂。

獅頭山山頂からの展望。 長江水庫がきれいです


地図アプリにあった写真です。これは夏の写真でしょうね。夏が楽しみです。

これ以上先に進めそうな感じがしませんので引き返そうとすると人の声が聞こえて登ってきたグループがありました。おー。聞いてみるとここからも下山できるというので引き返すのも面白くないので先へ進むことにしました。
ただ急坂な上、砂で覆われたルートなので要注意。ステッキを持ってこなかったため軍手をはめて下りていきました。途中何箇所かの分岐点がありましたが地図アプリで位置を確認しながら適当に当たりをつけて進んでいくとなんとなく長江水世界へ行きそうな感じ・・で、下りてきました長江水世界。
ここまで来たのならというわけで長江市場でへ行って買い物のあとバスでお家まで。

それにしても幾度も上り下りを繰り返すルートでした。確かに紫馬嶺公園から展望してもこのあたりは低いながらもたくさんの山が連なっています。ミニミニ桂林みたいに。たぶんそれを越えていくのかな。
で帰ってからこうして地図を作ってみると分岐点とかどこへ続くか想像がついてきました。今後もいろいろ楽しそうです。

あれこれ
「只留脚印,不留垃圾(だったかな・・)」足跡だけ残してゴミ残すな、とスローガンみたいに書かれた札があちこちにかけられていました。
そのせいかトレッキングしている人はけっこう見かけましたがゴミはあまりありませんでした。ちょっとうれしいですね。



獅頭山へ


さて前回の続きの場所からです。
あとほんの少しでした。まず下り、そして登ればすぐ獅頭山の山頂でした。ただ前回はけっこうしんどいと思っていたのですが今回は簡単にたどり着けました。気候が涼しくなったからでしょうか。

さて一旦下りそして登ります




ここが獅頭山の山頂みたいですね。平坦ですが・・・


展望のよいところへ行こうとすると急斜面で岩がごつごつしているのでちょっと怖い。山頂を見上げています。
このごつごつした石群が獅子の頭に見えて獅頭山の名前が付いたのでしょうか?


そして展望は・・


能見度のよくなる夏はきれいでしょうね。


展望




そして下山します。下り始めが砂に覆われた急斜面なので緊張します。




見返りの獅頭山


何度か峰を越えてやっと人のいるところにたどり着きました。


そして長江水世界の度假村跡に出ました。


長江水世界。プールなので夏が終わって人もいなくなってひっそりしてました


獅頭山へ
おわり
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by