FC2ブログ

2019.11.16 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2019② 

《奈良帰省日記2019②》(21)二上山へ - ダイヤモンドトレール起点から

《奈良帰省日記2019②》(21)二上山へ - ダイトレ起点から (2019.11.15)

先日行きそびれたダイトレの二上山登山コース、改めて挑戦です。

スタート/ゴール
近鉄大阪線二上駅
12km 5時間

帰りは近鉄南大阪線二上山駅からでもOK。


9km付近の高度は不明瞭です


二上山へ


初めてダイトレで二上山へ。歩き始めるとすぐ急坂の階段。やっと上り詰めるとすぐに登った分を下るみたいな。三歩登って二歩下る・・これが何度も何度も繰り返されて標高100m台をなかなか突破できません。頂上をめざす者にとってはいい加減いらいら。それでもようやく視界がきくようになると展望に感激。
登り基調になるとまもなく展望台。さらに雌岳への道。さらに鞍部、雄岳と続きます。
下山は始めて上ノ池横登山口へのコースを。あとは二上駅まで歩いて近鉄で帰宅。

以前に葛城山から二上山までダイトレを歩いていますのでこれで屯鶴峯の起点から葛城山までダイトレを歩いたことになりました。


ダイヤモンドトレール(ダイトレ)



屯鶴峯入口にあるダイトレ起点碑
ダイヤモンドトレール(通称 ダイトレ)は、金剛葛城山系の稜線を縦走する長距離自然歩道。奈良県香芝市の屯鶴峯から、二上山、大和葛城山、金剛山、岩湧山、大阪府和泉市の槇尾山を結ぶコースで、全長約45km。昭和43年に大阪府と奈良県が整備したとのこと。
→  ダイヤモンドトレール 


ダイヤモンドのことを金剛石と言います。金剛山のトレールということでダイヤモンドトレールと名がついたとか聞きましたが説得力があります。



二上山へ

ダイヤモンドトレール北入口


急坂の登山道が続きます




二上山地域にあと0.2km




途中の展望台


雌岳山頂へのルートを撮って雌岳山頂に到着


雌岳からの展望。ここでは左端、畝傍山の背後に音羽三山が見えます。



馬の背に下り雄岳に向かいます


雄岳山頂は雌岳に比べて狭く何もありませんが近くに大津の皇子のお墓があります。




さて下山です。ここの急階段、アプリで測定すると斜度は41度ありました






そして上ノ池横登山口に到着しました


近鉄二上駅。帰ります



ダイヤモンドトレールで二上山へ
おわり

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by