FC2ブログ

2019.04.18 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2019① 

《奈良帰省日記2019①》(27)中山へ - 大阪からは初めての香港エクスプレスで

《奈良帰省日記2019①》(27)中山へ - 大阪からは初めての香港エクスプレスで (2019.4.16)

血圧ハプニングで万一も覚悟しての緊急帰省で奈良滞在が3ヶ月と1週間という長期滞在になりました。健康は以外にあっさりと回復、食習慣と運動の改善が功を奏したか、ゆるんできたお腹も引き締まり血圧も体重も若いときに限りなく近づいて体調絶好調となって中山へ。


香港エキスプレスで 香港~港珠澳大橋~珠海~中山へ

(港珠澳大橋で香港から中山への行き方の詳細は奈良帰省日記2018②へ)

関西空港出発
大阪からは初めて香港エクスプレスでの出発。港珠澳大橋ができたおかげで時間的余裕ができて昼便に搭乗できるようになりました。で今回初の試みで香港エクスプレス便です。預ける荷物がないので2日前のオンライン・チェックインを利用しました。ですので出発時刻の30分前に直接ゲートへ。

いつもはpeachなので第2ターミナル、今回は第1ターミナルからの出発です。LCCができてから第2ターミナルしか使っていません。第1ターミナルからの出発はかなりのご無沙汰です・・・なに・・
びっくりするほどの人がチェックイン。狭い空港では動きが取れません。外人観光客が5倍以上になっているのを改めて実感しました。ちょっとうっとうしい。ここでチェックインの必要ないのが慰めです。

で出国に先立って荷物検査へ。ここもびっくり、大変な人。
通過し終えるとかなりげっそり、時間が激しくかかり疲れました。第2ターミナルがすんなり通過できるのと大違いでした。チェックインはしなければなりませんが大阪出発はpeachの方がいいかも。空港使用料も安いし。
香港エクスプレスのゲート番号を掲示板で確認、ゲートへ。


搭乗に並んでいました。ちょっとびっくり。よく見るとサンフランシスコ行きとだぶっているみたいで・・私が第1ゲートをよく使っていたときはこんなに混雑しているのを見たことがありません。疲れます。
第1ターミナルを今後何年かで1000億円程度をかけて順次改装するとのことですがどうなるのかな。実際工事も始まっていました。このままでは疲れますね。なんか日本の空港はどこも狭くてゆとりがない。


スマホのチケット

荷物検査の搭乗券確認はスマホ搭乗券のQRコードが読み取れましたが日本のゲートではQRコードを読み取れないので紙の搭乗券が必要とのことでゲート口で紙の搭乗券をくれました。個人的にはスマホチケットが好きですね。


香港エクスプレス機

搭乗。出発時刻を待っていると聞き漏らしたのですが何かあったようで離陸が1時間ほど遅れました!本来は12時45分発。すると香港到着は現地時刻の17時頃ですね。


香港~港珠澳大橋~珠海~中山市へ
ほぼ17時香港国際空港に到着。
ここからはバスのりばに向かいB4のバスで港珠澳大橋の香港口岸へ。まずは香港側の出国審査を終えてシャトルバスへ。


バスは港珠澳大橋を走ります。先端は人工島。

シャトルバスは港珠澳大橋へ。人工島からは6kmほど海底トンネル。再び海上に出て珠海へ。
珠海口岸で中国側の入国審査、そして中山行きの長距離バスに乗ります。


港珠澳大橋珠海口岸の長距離バスターミナル

1時間ほどで中山に到着。あとはローカルバスで自宅まで。自宅には食べるものが何もありません。まず腹ごしらえを。バス停前のファーストフード店へ。チャーシュー飯を。
「ん?」とってもいい味。とってもおいしい。びっくりでした。普段はたいした味ではないだろうと立ち寄ることもなかったのですが思わぬ発見です。しかもお値段は16元、260円ぐらい。


中山に着いて腹ごしらえ

そして030路のバスで帰宅。家に着いてみると・・冷蔵庫が・・
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by