FC2ブログ

2019.02.26 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2019① 

《奈良帰省日記2019①》(13)散歩 - 復元された奈良・京終駅へ

《奈良帰省日記2019①》(13)散歩 - 復元された奈良・京終駅へ (2019.2.25)

奈良の京終駅、「きょうばて」と読みます。平城京の南東端に位置するので京のはてと言うことで名が付いたようです。
京終駅は奈良から大和平野を巡る単線のJRローカル線駅で無人駅も多くワンマン電車が走っていますが「万葉まほろば線」と言う愛称がついています。奈良駅の次の駅。ニュースによるとこの駅を明治の開業当時の形に復元する工事が終わったとのことで今回ここを散歩することにしました。

京終駅へ




家からは7.3kmとなっています。いつもながら適当に歩いていくことにします。大和青垣、若草山や春日山が見えるので方向を見失うことはありません。
なるべく懐かしそうな風景のある街を通っていきますが私が日本を離れてからすでに22年、当時とは違ってどこもかしこも家が新しくなってレトロな雰囲気がなくなってきたのは少し残念。それにしても新しい家はどれもきれいですね。

2時間かからずに京終駅に到着。上下それぞれ1時間2本の列車ですがけっこうな乗客が待っていました。
少し写真を撮ってから奈良町界隈の散歩しながらJR奈良駅まで歩いてJRで帰宅。





奈良・京終駅から

若草山、春日山などを見ながら・・


京終駅に到着


復元された京終駅


内部


駅名板も復元されたみたいですね。無人駅です。改札にはカードリーダーだけ・・




京終駅から

元興寺の塔跡に行きました


そして奈良町界隈へ


観光客の定番になったような・・・


商店街へ


JR奈良駅に


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by