FC2ブログ

2018.11.24 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》2ヶ月ぶりの中山で支付宝デビュー ス-パー・カルフールにセルフレジ

2ヶ月ぶりの中山で支付宝デビュー スーパー・カルフールにセルフレジ

2018.11.23
中山の我が家の電波時計
中山に戻りました。少しゆっくり休憩をしています。peachは疲れますね。
前々回、日本から買ってきた電波時計、中山に戻ってきたらまたまた日本時間に変わっていました。長い中山滞在中は順調に中国時間を示すのにちょっと留守にしただけで日本時間に変わるとは・・
留守中に日本の電波を受けて日本時間に修正しているのは間違いないでしょうね。秒の単位まで正確でしたから。

やっと支付宝デビュー


私は買い物の支払いに普通キャッシュカードに付属しているデビットカード(銀聯)使います。香港在住時代から実に20年以上デビットカードを使い続けています。で、そろそろ新しいものに変更する時期かなと支付宝(アリペイ)とか微信支付(WeChatペイ)を検討していました。
当初、信頼性で躊躇していました。で、アクシデント対策として普通預金額の少ない銀行カードを使い、タブレットにも画面ロックを追加する対策をして臨むことにしました。支付宝は奈良帰省する前に設定済みなのでいつでも使えるはず、微信は漢中との関係で少しずつ構築してきました。ということで使用を始めます。

水屋さんで (ウォーターサーバー)
契約しているウォーターサーバー屋さん。初めにお金をチャージしておく方式なのですがあと1本でチャージがなくなるのでチャージに行きました。注文だけなら微信で大丈夫なのですが。

5ガロン(19リットル)サーバー20本分の金額をチャージ。4本サービスがありました。で合計24本。これでほぼ1年分です。
支払いは支付宝で・・ただしこの店は読み取り機がないようで店の支付宝QRコードを表示しているだけなので私がQRコードを読み取って金額を設定、支払うというやり方です。すんなりOK。

でこれが支付宝デビューとなりました。


スーパー カルフールで
帰省から戻ったばかりなので冷蔵庫は空っぽ。でとりあえずのものを買いに近くのスーパーへ。
家楽福(★家乐福・カルフール;フランスのスーパー)へ行くと何やら新しい機械が・・数人が買い物レジのセルフサービスみたいなことをやってます。
やっぱりそうでした。郡山のイオンにあったようなセルフレジ。「微信自助結賬」となっていますが微信専用なのかな・・使い始めたっばかりなのでしょうか、案内役の小姐がいるようです。



支付宝デビューしたばかりなのにまたやることが増えたような感じ。おいていかれないように、ちゃんとついていかないと。でもこれは次の機会にしてまずはレジでタブレットの支付宝アプリを使って・・・
一瞬で終了ですね。レジの小姐が読み取り機で私のアプリのバーコード(QRコード)を読み取るだけですべて終了です。

デビットの場合は銀行カードを読み取ったあと暗証番号を入力しなければならないので銀行カードを紛失しても安心ですが支付宝の場合、誰でも私のアプリで支払いのできるのが心配なわけで・・・で、タブレットの画面ロックを追加したのです・・


ただデビット支払いだとレジで支払いと同時に銀行からSMSで支払金額の案内がありますが、支付宝の利用では銀行からのSMSはありません。ちょっとたよりないかな。
ま、 支付宝の案内はあるのですがちゃんと銀行カードから引き落とされたかどうかがわからない。
たぶんすぐ慣れるでしょう。
支付宝アプリ
支付宝の設定やインストール方法はネットのあちこちで紹介されてます(日本語で)ので検索してみてください。

支付宝アプリ


「扫一扫」は水屋さんの時のように店にQRコードが表示されているときに使います。小さいお店の場合に多いです。近くにできた小さな八百屋さんが並んでいる市場もそうでした。
「付钱」は支払いでこちらのQRコードを表示させて相手に読み取ってもらいます。カルフールや一般の店の時の方法です。
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by