FC2ブログ

2018.09.13 カテゴリ: 生活 

《中山》中山の光熱費など

香港エクスプレスはまだ欠航中。21日に全面再開ということのようなので最悪21日までのんびり待ちましょうかね。

中山の光熱費など

何となく深圳の時よりも光熱費・インフラ費が安いような気がしていたのですが中山に来てからまとめていないので把握すべく調べてみました。

深圳の時は水電費の徴収は管理所が代行していて管理費とともに明細が毎月ポストに入れられていましたし個人管理のガス代やケーブルテレビも毎月明細が送られてきていたのでこちらで管理、把握しやすかったのですが中山は少し事情が違いまして管理所は管理費のみ、他の光熱費関係は自己管理です。水電費は自動振り込み手配をしたのですが毎月の明細が送られて来ません。で、いつどれくらい光熱費を支払ったかは銀行の記録を見てまとめるしかありません。ちょっと面倒です。

銀行口座はマンション管理費が建設銀行に指定されているので新たに口座を開き光熱費用としました。
中山ではどうも2ヶ月単位の支払いとなるようでガス代以外は2ヶ月に一度口座から自動振り込みされています。ガス代はプリペイドカードになっています。


管理費
2ヶ月で753.14元となっています。ですので376.6元/月。深圳は460.83元でしたので少し安い。
管理所が私の口座から自動引き落とし。


水道費
入居当初、管理所が代行していてくれていたのですがすぐに個人管理となりました。
水道費と言っても3つに別れます。水費、汚水処理費、それにゴミ処理費。これらが水道水使用量に関わってきます。

水費 1.6元 / m3
汚水処理費 0.95元 / m3
ゴミ処理費 0.31元 / m3
合計 2.86元 / m3

深圳は水費 2.3元 汚水処理費0.81の計3.11元 / m3
いずれも下水処理込みで50円 / m3でしょうか。

ところが・・私の下痢の原因が水道水のようです。ただしPH値とイオン量を測定しましたが双方きわめて良好なので何か特定の不純物が原因?他の人は何ともないのでしょうか。私との相性かな?
でこの対策のため5ガロン(19リットル)入りのウォーターサーバーを使っていましてこれを2本/月使います。浄水では原料の水の具合のためか下痢することがあるので天然水(少し高い)を使います。この費用が50元(800円)。バカになりません。

電気代
これがちょっとややこしい。
5月から10月までの「夏期」と11月から4月までの「冬季」で値段が違います。さらに使用量によっても変わり多く使うほど単価が高くなります。深圳では当時一律0.72元 / kW。

5月から10月まで
260kW以下 0.68元 / kW
261-600kW 0.73元 / kW
601kW以上 0.98元 / kW
11月から4月まで
200kW以下 0.68元 / kW
201-400kW 0.73元 / kW
401kW以上 0.98元 / kW

夏期の方が優遇されています。夏期の空調仕様に考慮したのでしょうね。私も5月から10月までは短パンシーズンです。

ガス代
中山は方式が少し違います。深圳よりもこちらの方が現代的。
港華ガスは香港中華ガス会社の傘下のようです。LOGOマークも同じ。



支払いとしてはプリペイド式です。プリペイドカードにお金を充値して使います。
メーターに読み込ませると充値した金額分が使えます。

開通の時(2016年2月末)100m3を381元で購入。3.81元/m3。深圳は3.5元/m3でした。

現在2年半経ちますがまだ1度もチャージしていません。もうそろそろ買わないとダメかな。
381元というと6000円あまり。安いです・・



光ネット
5月に1年分840元の支払い。 月70元あまり


スマホ
微信で音声通話を使いますので電話機能はほとんど使いません。かかってくるだけ。
電話番号がないといろいろな登録で生活できませんのでとりあえず持っているだけです。ネットバンクでもSMSが必要ですし。

で、中国聯通の月40元のコースです。音声通話は100分まで。超過分は1分0.19元、データ通信は本地0.5G、全国0.5G、それに本地2Gが付いています。0.5Gは次月へ繰り越しが可能。
香港、マカオでも使えるよう申請済みです。電話はローミングされますし、SMSも使用可能。ただし料金が発生。データ通信は5M/5元で最高25元。それ以上の費用かかりません。


と言うことで中山の方が管理費は安いもののインフラ費としては同じようなものですね。
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by