FC2ブログ

2017.11.29 カテゴリ: 中山トレッキング 

   《中山の公園》火炬開発区・華佗山公園

《中山》 華佗山公園 (2017.11.26)

現在の中山港の南には火炬開発区があります。新しい市の中心部かと思えるような開発の仕方でとても興味を持っていたのですがどこまで進展しているかなと久しぶりに見てみようと出かけました。
BRTバスの終点。B1路のバスだと開発区の南端近いところ、B17では港まで行きます。

B1の終点近くの沿線にきれいな公園が目につきまして小高い部分には展望塔があります。ちょっと登ってみたいなあと思い次の日に早速出かけました。

BRT環茂一路駅で降ります。ここらへんは趣のある駅舎です。
BRT環茂一路站
ここからのんびり10分ほど歩いて門に到着。
展望塔まではほとんど石段です。ほぼ700段、展望塔は5層で登ると100段あまりの合計800段。手頃です。
最上層からの展望はすばらしい。開放的な展望でちょっとはまりそうです。この日はあいにく能見度が冬になっていてかなりかすんでいましたので夏にはいい展望が見込めます。まあ、深圳なら筆架山でしょうかね。高さは筆架山より低いですが。
紫馬嶺公園と共に常用の公園にエントリーしときましょう。


歩数もほどよいですが公園だけでは1万歩を超えません。初めてなので公園の付近もあちこち散歩しました。
華佗山公園
面積38ha、最高地点の標高は116.7m。深圳蓮花山公園よりも少し高い。
1902年に建設が始まったそうで由緒はありそう。

少しうろうろできそうですね。
撮影した案内板を見やすく加工して見ました。



B1路のルート。起点は利和広場、終点は火炬公交枢纽站。青点は展望塔。





こんな石段が続きます。




展望塔




展望です。私の家の方向を探ってみました。能見度のいい季節にじっくり撮影を。




関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by