FC2ブログ

2016.11.11 カテゴリ: 生活 

USBタイプのLEDスタンドを買う - 中山・灯飾の街・古鎮へ

USBタイプのLEDスタンドを買う (2016.11.11)

陝西省・漢中の燕燕は全寮制の高校に通っているのですが消灯時間を過ぎると灯りがありません。寮の部屋にはコンセントがないので電気を使えず仕方なく充電式のLEDスタンドを週末家に帰ったときに充電して使っているらしいのですが電池容量が小さいので二日ぐらいでなくなってしまうので電池容量の大きなものがないか、との連絡がありました。彼女のことですから消灯後も勉強をしたいのでしょう。

ネットショッピングとかいろいろ調べてみると普通は数時間しか電池はもたないようです。検討した結果、USB給電方式のLEDスタンドとモバイルバッテリーを組み合わせてできないかどうか、やってみることにしました。

で、まずモバイルバッテリーを買いに中山の電気街へ行って10000mAhのものを購入。68元でもあったのですが重いので軽いやつを倍近い値段・・・もしかしてこれ燃えるやつかな・・
帰って調べてみるとLiイオン電池。ふと心配になりましたがサムソンとは関係なさそうなので大丈夫でしょう・・


そして今日、中山の巨大な灯飾の街、古鎮に行ってみました。快速バスK01に乗って1時間たらずで到着。
まずは巨大な灯飾のビルを見てみます。やっぱり大きな家庭用照明が主流。




ですので外に出て街の小さな照明屋さんを巡ってみることにしました。まあ、そこら中、照明屋さんばかりのような町ですから見て歩くのもしんどいですが・・

どこを歩いても・・・

照明屋さんばかり・・・

とある街角の小さな照明のモールに入って眺めていくと・・・
ありました。USBで充電したら5,6時間使えると言うものとか、充電池は内蔵してませんが充電式のよりも明るいもの。
とにかくモバイルバッテリーが使えなくてはなりません。持参したモバイルバッテリーで実験、うまくいきました。
充電池は内蔵していないものは明るくて調光もできますので便利かな、と。これに決定。160元。充電できるタイプは120元でした。安い。USBタイプですから日本でも使えます。

モバイルバッテリーと組み合わせてみました。
台には調色できる夜灯がついています。緑色で光らせてみました。


電池寿命ですが上部だけ最大に光らせて実験。1時間使うとモバイルバッテリーは100%から90%になっていました。さて何時間使えるでしょうか。光量を落として使えばけっこうもつとは思うのですが。

燕燕は金曜日には家に戻るので月~木まで4日使えればいいのですが・・

モバイルバッテリーです。残量の表示があります。

PISEN LED power 10000mAh TS-D202

 

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by