FC2ブログ

2008.03.29 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

《深圳の山》南山区桃源村 塘朗山郊野公園から - あるハプニング (1)


南山区桃源村 塘朗山郊野公園から - あるハプニング (1)
2008年 03月 29日

塘朗山郊野公園




山登り日記 2008年3月18日 塘朗山郊野公園から梅林山公園へ。


クリックしてください
南山区といっても福田区との境付近に位置する。
ネットで電子地図を見ていると桃源村の山に郊野公園の文字があった。山もそんなに高くなさそうだし1時間ぐらいで行けそうなので午後、雨の降りそうな曇り空ながら傘を持ってバスで出発。






桃源村には3時に到着。郊野公園の入り口はすぐわかった。大きな石門ができていた。塘朗山(tánlăngshān)公園・龍珠門となっている。
地図では車道が山頂付近まで通っていたが登山道もあるはず。






少し行くと新しい石段が心細く上っていたのでこれを行く。整備されたばかりなのだろう、新しい石段が続いている。周りもまだまだ整備中という感じ。石段には鎖の手すりがあるがまだ鎖のないところもある。

まばらながらも登山者がいる。ところどころ竹で編んだかごがある。ちょっと小道具代わりにして写真を写していく。そのうちこれがゴミ箱らしいことに気づく。
少し上ったところは桃源村の展望台みたいに全体を見渡すのに具合がよい。あいにくの天気で視界が聞かないが写真を撮る。


さらに登っていく。けっこう急な石段が続いて車道に出る。車道を少し行くと車道の終点。ちょっとした展望台風になっている。そしてここからは石段で。この石段は一段が高く短い足では登るのがしんどい。
登り詰めていくと「征服430公尺」と落書きみたいに無造作に石段に書かれた文字。続いて「山頂」の文字。おっ、そうか、山頂が標高430mなのか、と気づいた。430mならそこそこだ。300m以下のつもりをして登っていたので道理でこたえるはずだ。
1本高く立っているアンテナ、もう一方には廃墟のようなパラボラアンテナ。

塘朗山公園から - あるハプニング (2) へつづく



塘朗山公園 龍珠門




中腹から桃源村を見る


















塘朗山山頂のアンテナが見えてます






山頂へ


山頂の廃棄された(?)パラボラアンテナ




山頂から

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by