FC2ブログ

2015.04.06 カテゴリ:記録・日記 >  中山マンション購入内装日記2014-2016 

   《中山マンション購入内装日記》 3つ目の内装設計会社へ

(11)
3つ目の内装設計会社へ (2015.4.5~6)

さてエントリーしていた最後の内装設計会社へ。
まず予定していた興中路へ・・・ん・・えー改装中? あれま、せっかく見つけておいたのに・・
と言うわけでネットで別の場所を探して仕切り直してやってきました。それにしてもわかりにくいところにありました。普通なら道路に接したよく見えるところにあるのですがここはビルの24階にありました。しかも外側には「看板」が全くない。商売っけがない?
ま、ここを選んだ理由は10年前深圳で内装をした時頼んだ会社だからです。深圳の会社ですが中山には2008年に設立したらしい。
深圳の時の内装に対する私の評価は悪くないのです。ですから一応話しだけでも聞いておこうと。



中はサロンみたいにとても豪華な雰囲気を出していました。こんな雰囲気の設計会社に来たのは初めて。一つ一つのテーブルの灯りはシャンデリア。
設計者がやって来てお話を。
ここで使っている内装材料を見せてもらいます。まずは気になっていた電線を確認。銅100%のような感じを受けました。これは問題ないでしょう。ただ外皮は少し燃えやすい材料・・

合板は20mmで見た目ちゃんとした合板。前回の所は中は合板ではなく安っぽそうなムクの板を継ぎ合わせていました。使っている材料ははかなり違います。

この内装設計会社は深圳の系列ですが会社として使う材料は統一して決まっているので、とのこと。


ここでもこの会社の設計した内装を見学させてもらいました。
この日は清明節で休みなので・・ということで日をおいてということになりました。


帰ると微信が入り次の日の午前にどうですか、と。
で次の日、彼らが車で私のマンションまで迎えに来てくれて出かけました。現地へ・・・ん、ここも知っているところでした。香港人がたくさん買っている凯茵新城でした。私も購入を最後まで検討した地域です。結局車がないと不便なので購入は断念しましたが。
彼らはここでたくさんの受注をしたとのことでその中の間取りの広い(300m2たらずと别墅なみ)所へ連れて行ってくれました。




 

帰ってから事務所に戻り私の部屋の彼らのアイデアを聞きました。

これで一応私の内装設計屋めぐりは予定終了です。これまでの材料を元にあと少し検討をして最終的にどの設計屋にするか決断します。

 

孫文紀念公園


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by