FC2ブログ

2014.09.27 カテゴリ: 深圳日記 

《中山市へ》中山市へ引っ越し準備 - 賃貸契約 ちょこっとマカオ (2014.9.25 - 26)

中山市へ引っ越し準備 - 賃貸契約 (2014.9.25-26)

さて漢中から帰ったばかりですがまだ少しハードなスケジュールが続きます。いろいろとありまして漢中に行く直前に今月中(9月)に引っ越しをしなければならなくなったのです。で目標の中山でとりあえず賃貸マンションを探しに出かけました。予定ではとりあえず中山の賃貸に住んであちこち出かけていい物件を探します。そして年内ぐらいをめどに購入物件を決定します。
中山へ 不動産屋はどこ?
時間があまりないのですがまだ調査不足で不動産屋がどこにあるのかわかりません・・・スマホの地図アプリを検索しても不明。たぶん検索キーワードが悪いのでしょうが、とりあえず中山に向けて出発。いつものように福田汽車站からバスで。不動産屋の探し方がまだ不明のためバスに乗っていても憂鬱。


中山市中心部
中山到着後、とりあえずは市の中心部に行き利和広場、京華酒店付近を少し歩いてみました。ありませんね。こんな探し方では時間の無駄ですね。中原地産で検索すると遠いですが1ヶ所ありますのでこちらをきっかけにしましょう。

バスで目的地まで。地図アプリで中原地産付近と思われる所へいくと・・・確かに不動産屋がありました!中原ではありませんでしたがとにかくこれで少し楽になりました。


不動産屋・家家順

市中心部にあった家家順
不動産屋の名前は「家家順」。この名前では店の前にいないと不動産屋とは全く想像がつきませんね。話しを聞くと家家順は77店舗あってこのあたりでは一番大きいとのこと。そうだったのか。スマホの地図アプリで検索してみると確かにたくさんヒットしました。これで一安心。

すぐ近くの新しいマンションを紹介されました。1部屋1900元。ま、仮の住まいなので一人暮らしにはこれで充分です。部屋もきれいですしこれで決めても良いと思いましたが他の所も見てみたいと思いましたので案内を求めましたが他は広い部屋なので・・ということで彼はギブアップ。意外にも近くの別の不動産屋に紹介してくれました。

別の不動産屋は「満堂紅置業有限公司」。こちらは置業がついていますので不動産屋とわかります・・地産では検索していたのですが置業では検索しませんでしたので改めて置業で検索してみるとけっこうヒットしました。ちょっと悔しい。
こちらで紹介してくれた物件も同じ新しい団地にありました。2部屋の部屋。でもよく見るとトイレが中国式のもの。これはちょっと・・

で中心部に戻って地図アプリでもう一度捜してみることにしました。やっぱり大きなビルの中にはありませんね。
ある家家順で話しを聞くと先ほどの物件と家賃はそんなに違いませんね。ただし、中心部のど真ん中の立派なビルは1部屋で3500元と問題外ですが。おそらく日本人や外人相手の値段でしょうかね。
始めに紹介された所は少し離れていますが静かで木々の多い所。不動産屋の小姐が自分の電動自転車の後ろに私を乗せて連れて行ってくれました。

こちらでは不動産屋で遠くの物件を見学に行く時、交通費は自前のようですので覚悟していたのですが中山では自分の電動自転車とか自分の車とかでちゃんと連れて行ってくれます。ちょっと中山はおもむきが違いますね。

こちらでは全部2部屋を紹介してもらいました。1部屋のは物件が少ないとのこと。
ただ時刻も遅いので中山に一泊することにしてじっくり考えることに。で不動産屋にこのへんに安いホテルはないかどうか聞いたらまたまた電気自転車で送ってくれました。
中山1泊
せっかくですので紹介された安ホテルに泊まることにしました。豪華単身房で140元。中はすごく広く、壁紙はめくれた所があるものの清潔感はけっこうあります。

契約
翌朝、ホテルから不動産屋に19階の部屋をもう一度見て問題なければ契約したいとショートメールするとすぐ返事、ホテルに迎えに行くと。これまたサービス満タン。
急いで身支度してホテルをチェックアウトします。すでに迎えがありました。反応もいいですね。

電動自転車に乗せられて再び物件を見に行きます。最初見た時より印象は良くないですがまあ仮の住まい、これで充分でしょう。「OK」。でオーナーに連絡。12時になるようです。あと2時間もあります。迎えが早すぎてご飯を食べ損ねたのでご飯を食べてくるというとこれまた電動自転車で。全く至れり尽くせりですね。
部屋と部屋からの展望。この展望は気に入りました。
予定より1時間ほど早くオーナーがやって来ました。ドスのきいた貫禄たっぷりのおばさんです。全部で4つの物件を持っているとか。
契約手続きと支払いを済ませます。支払いは香港と同じで家賃2ヶ月分の補償金(あとで返ってきます)と初月分の家賃で計家賃3ヶ月分。それに半月分の不動産屋への手数料。オーナーも半月の手数料を払います。
オーナーの名前をスマホの電話帳に入力するのを見てから顔が少しにこやかになりました。日本人が中国語を入力するのが嬉しかったようです。
契約書と鍵や光熱費支払い用の銀行通帳などを受け取り契約終了。

不動産屋ではどうして同僚やら通訳やらと一緒に来ないのかと聞かれました。日本人が一人でやってくるのが不思議なようでした。リタイアしているから、と答えます。それに数ヶ月前に初めて中山に来たので中山には友達も全くいないというのにも首をひねって・・・

私が引っ越してくるまでに家政婦さんを呼んで掃除しておいてもらえますかというとOKでした。電話で予約を取ってくれました。3時間で75元ということで支払っておきます。一安心。ちゃんと不動産屋手数料分の仕事をしてくれます。
引っ越した時には部屋の鍵を変える手伝いとインターネット接続の申請の手助けをしてくれると言うことでした。

やっとまた一つ肩の荷が下りました。あとは引っ越しを残すのみ。またネットで捜すかな・・
それにしても身体がハード・・・

マカオへ

城軌で珠海へ マカオへ

ビザの切れ目も近いのでマカオに行っておくことにしました。中山北站から城軌で珠海へ、珠海からマカオに入ります。

マカオもだいぶ長いこと来ていません。聞く所では入出国カードも不要になったとかで手続きがどう変わったか興味があります。
で、マカオ側イミグレで私は香港IDがあるので香港居民の方へ。おー確かに簡単。はんこもなしで滞在期限の書いた紙を渡されるだけ・・
マカオを出る時はIDカードのチェックだけ。確かにすごく簡単。
ところがシートを見ると入った日と滞在許可期限が同じ・・よく見ると年号が2015年!おー1年も。

おかしいと思って帰ってから調べてみると香港永久性居民は1年となっていました。なるほど。

それにしてもマカオ、財政が圧倒的な黒字超過でありながらどうして玄関口をちゃんと整備しないのでしょうかね。イミグレは新しくなりましたが。何にお金を使っているのかな・・
モバイルデータ通信 あれこれ
今回は漢中へ行く前にデータ通信の「10元套餐」というものに入っておきました。これは70M/月のデータ通信が可能で今サービス期間なのか100Mに増量。自分のお試し用なので来月になれば自動的に契約が切れるものにしました。
漢中では60%ほどを使い、中山でちょうど残りを使い切りました。前回套餐なしで使った時よりも断然安い。また必要な時に使いましょうかね。
このあたりを管理するには中国移動通信のスマホアプリをインストールしておくととても便利。もちろん移動通信カードを使っている場合ですが。
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by