FC2ブログ

2014.01.13 カテゴリ:深圳の山と公園 >  羊台山 

《深圳の山》羊台山公園 - 西麗入口から小羊台山へ (2014.1.12)

羊台山の大象石 なるほど象に見えます

羊台山公園 - 西麗入口から小羊台山へ (2014.1.12)

羊台山西麗入口から
下調べしておいた西麗入口から登ります。初めてのコース。羊台山の案内図でも予感していますが未整備のルートみたいなのでどんなところを通るのか興味津々。


旧第2ボーダーの塀の名残 2014.1.7
まずはバスで動物園まで出かけ、そこから66路(49路でもOK)に乗り換えて終点の西麗王京坑総站へ。このあたりは以前の経済特区の境界線、第2ボーダーがあったところで金網の塀で仕切られていたようです。下調べの時は金網はなくコンクリートの柱だけが残っていたのですが今回はすでに柱も撤去されていて歴史の名残は消えました。

バスを降りるとこの旧ボーダー沿いに少し歩きます。王京坑工業区に入り北のはずれから野道に入ります。おそらくこのあたりが西麗入口かも。
ニワトリを飼っているところを抜けてバナナ園もぬけて歩きます。行き止まり。ちょうど地元の人がいたので聞くことができました。どうやらこの上に行くと山道があるそうです。
訳のわからんところを軍手をはめて格闘、登ります。登り切ったところに稜線に沿って踏みあとがありました。これで何となく行けそうな予感。
そのあとはだいたい踏みあと通りのコースで迷うことはありませんでした。

1時間あまり歩くと巨石群がありました。ここでやっと人と遭遇。聞くとこの石は大象石だとのこと。大象石は羊台山の景点の一つですでにネットで調査済み、ネットの写真と同じでした。ただ、羊台山の案内図と位置がかなり違います。要再調査かな。
大象石の上方は木々がなく見晴らしがききました。じっくり見ながら確認を・・羊台山脈の東西を南から見ている・・実にいい感じ。望遠で確認がとれました。大羊台山と小羊台山が目の前でした。

大象石から歩くこと30分たらずで見慣れた大羊台山遊覧区の石畳が見え合流できました。ここからあとはすでに慣れたルートです。緊張がほぐれました。それにしても大羊台山遊覧区に入ると急に人が増えました。さすが整備済みの登山道。
ここからは大羊台山でも小羊台山でも行くことができます。で大羊台山に行くか、小羊台山に行くか、考え所。小羊台山は山が低いので楽なように思いますが実際は上り下りが激しいのでたぶん大羊台山へ行くのと同じだろうと思われます。
結局、 小羊台山は龍華から登ったものの龍華に下りていないので今回は前の逆コースで龍華に下りることにしました。
小羊台山頂へは40分、さらに1時間足らず歩いて龍華の登山口に到着。


あれこれ
この写真は羊台山登山道の急な石段でのものです。
彼の足下にはなんとインラインスケート!? これで小羊台山の石段を往復したようです。信じられない!周りから注目のまとでした。
その後の裸足の男性は途中でギブアップしたようで手にインラインスケートを持っています。




所要時間 (西麗入口から龍華入口の登山口まで)
休憩,、撮影時間など込みで西麗入口から龍華入口の登山口まで総合計は 3時間40分。

西麗入口 大象石 70分
大象石 大羊台遊覧区との合流点 25分
大羊台遊覧区との合流点 小羊台遊覧区との合流点 10分
小羊台遊覧区との合流点 小羊台山頂 40分
小羊台山頂 龍華入口の登山口 55分


大羊台山遊覧区との合流点

小羊台山遊覧区との合流点



 


工業区の北のはずれから野道へ


バナナを採って下りてきました


前の一番高く見える山には大象石があります。その右後ろは分岐点のある嶺です


望遠でとらえた大象石です


さて稜線づたいに登ります


ほんとに巨石が多い羊台山脈


大象石にやってきました


大象石付近から展望。なるほど、大羊台山と小羊台山の縦走はしんどい。


小羊台山頂に到着。まあ人の多いこと。皆さん若いですね。


小羊台山から下ります。少しルートを変えてみました。こちらの方がのんびり加減がいい


龍華の登山口に。ゴールです。


龍華入口のエントランスも人がいっぱい。


西麗入口から羊台山へ
終わり
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by