FC2ブログ

2013.11.06 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2013 

《奈良帰省日記2013》(4)歯医者で 歯石掃除 (2013.11.6)

歯医者で (2013.11.6)

昨日予約しておいた歯医者に行きました。歯磨きをするとときどき血が出るので歯周病とかいろいろやっかいなものが心配なためです。

まず診察。歯を1本1本見ながら「ほー、これはすごい、この年の割には歯が丈夫、これほどなのはそんなに見ることはありませんよ」と喜ばせてくれます。お医者さんは私より10歳若いらしいのですがそれでも歯があちこち痛んでいて手を加えているとのことで、私の場合は神経を抜いている歯は1本しかないと褒めちぎってくれます。
しかし歯がいいと思って無茶をすると年は年なのでぽろっと行くこともあるかもしれないので気をつけて、と釘を刺されました。まあ、言われなくても自分で自覚していることですから・・
考えてみるとそんなにいい歯を持っている人なら歯医者に来ることもないわけで見る機会も少ないでしょう・・・
ともあれ歯並びとか見た目は全くの「ぶす」なのですが質はいいようです。

私の父は早くから総入れ歯でしたから、それでもなんかうれしくなりました。母が70歳を過ぎてもなお自前の歯だったのでこちらの方の遺伝子を受け継いだのかも。体型は父に似ていたのでからだ全体は父の遺伝子かと思っていたのですが思わぬところでいい方の遺伝子を選択してくれたものです。

で、肝心の診察内容ですが・・どうやら歯石が非常によくたまっていると。たぶんこれが原因でしょう、ヘンな病気ではありません、とのこと。
「おそらく歯がいいので歯医者に行くことのなかったので歯石がたまり放題になっていたのでしょう」と。過去に30年ほどたばこを吸っていたときの名残もあるとのこと。

確かに考えてみると香港へ出てきてからは歯医者に行ったことがありません。おそらく20年ぐらいは歯医者に行っていません。とすれば今日は20年ほどぶりに歯医者にやってきたのですね。でもその間、歯石がたまり放題になっていたと言うことかな。

下の歯に歯石がたまっているらしい。順々に歯石を取り除いて最後ははちまきを締め直すように「さあこれだ、ようし・・・」と気合いを入れて歯石を取り除いてくれました。 そのおかげで舌で歯をなめた感覚はつるつるになっていました。
「歯が大丈夫でも1年半に1回ぐらいは歯石を取りに来てくださいね。金額もこれぐらいなので」とのことでした。1300円ほど。

帰ってネットで検索すると歯石を取っている動画がありました。超音波を使った器具で歯石を取っています。まあすごいものです。私もこれだけたまっていたのでしょうか。とてもすっきりした感じ。20年ほどぶりに行ってよかった。

街角にふと見かけた年末のベートーベン第九の合唱団員募集のポスター、懐かしいですね。
今は団費が月3000円なのですね。コンサートは12月14日とか、残念間に合いません、私は深圳。



関連記事
ニーハオ

日本に帰ってきているのですね。
深せんのようすは、ずいぶん変わったのでしょうね。
地下鉄も伸びたようですしね。
山は行っていますか。空気はどうですか。

歯医者へ20年間行っていないというのはすごい。
私も丈夫な方ですが、4か月に1回は歯石を取りに行っていますよ。
歯の丈夫さと歯槽膿漏は違うようなので注意しています。
普通はそんなに行く必要もないようですが、半分は楽しみって
ところでしょうか。

それでは、日本を楽しんでいってください。
ご無沙汰です。お返事が遅れてすみません。

帰る前に梧桐山の三山縦走をしましたよ。今の季節ですから透明度はよくありませんが数年前よりはよくなっているような気がします。偶然なのか、それなりの努力があってのことかは不明ですが。

4ヶ月に1回歯石を取りに行くのですね。皆さん気をつけておられるのでしょうね。
当方も一年に1回は取りに行った方が良さそうですね。気をつけます。

あと10日ほどです。がんばってあちこち回ります。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by