FC2ブログ

2013.08.25 カテゴリ:深圳の山と公園 >  筆架山公園 

《深圳の山》久しぶりの青空 筆架山公園で

久しぶりの青空 左の双峰が筆架山

久しぶりの青空 筆架山公園で (2013.8.25)

この夏2度目の長い雨からやっと抜けるのかかなり久しぶりの青空を見ることができました。
能見度も復活、気持ちのいい展望になりました。
ただちょっと蒸し暑い、汗がだらだら。ここにはいつも水を持っていかないので筆冠峰の山頂でアイスキャンディーを買いますがいつものがなくてちょっとショック。

筆架山公園は1997年、福田区にオープンした面積1.45km2の筆架山(177m)を中心にした公園。
筆架とは筆立てのことで筆冠峰(177m)と筆俊峰(143m)の双峰が中心。
蓮花山から福田区が間近に展望できるのに対して筆架山の山頂からは羅湖区が間近に展望できます。

 



筆冠峰から梧桐山


香港最高峰の大帽山頂は雲で見えませんが能見度はばっちり


京基100と地王大厦


厚葉君が代蘭(あつばきみがよらん)の花が咲いていました


逆光もきれいな小藪蘭(こやぶらん)




関連記事
青空だし、工場のような建物も見えませんので、空気は、きれいですかね。(*^。^*)

たくさんのビルは、マンションが多いのでしょうか・・・?

結構、新しい街のようです。(゜-゜)
工場は旧特区外に移動しましたので旧特区内に工場はありません。
ビルのほとんどはマンションですね。
日本なら冬に空気の透明度がいいのですが、深圳、香港では5月から8月ぐらいまで空気の透明度(★能見度)はすごくいいですよ。冬は最悪ですが・・





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by