FC2ブログ

2006.11.19 カテゴリ: 生活 

深圳・システムキッチン考


【住】 深圳システムキッチン考

2006年 11月 19日

マンションを購入して内装設計に入りましたが、システムキッチンは別に設計しなければならないことが分かり、2004年末から2005年始めにかけてあちこち見て回りました。
以前はどうだったのかわかりませんが深圳の建設ラッシュに伴ってシステムキッチンメーカーも乱立していました。
中国語でキッチンは「厨房」(chu fang)、システムキッチンは「橱柜」(chu gui)。

システムキッチン会社のホームページ例
 A   B   C   D   E   F 


外資系や地元資本が乱立、競争しています。したがって超高級から安物まで豊富で、どれくらいの値段が中級になるのかもわかりません。
3つの部分に分けて見積もりをしてくれます。
 キッチンの上の部分の収納棚、キッチンカウンター、下の収納箱部分など、の3つ。そしてオプションを選んで見積もりがでます。見積もりは長さで計算されます。
ガスコンロ、レンジフード、シンク、蛇口などなどは別に自分で購入しなければなりませんのでこれらは見積もりに含まれません。


当方で仕上がったシステムキッチン、見ていくとキッチンカウンター(台の部分)は大理石かと思っていたら、中国では天然より高価な人工大理石のような感じ...ちょっとショックでした。
おそらくシステムキッチンの多くのメーカーは人工大理石かも知れません。これは自分にとって注意事項です。弱いと加工しにくいとかいうのもあるかも知れませんが、やっぱり本物の大理石の方が好きです。
見てみるとおそらく、キッチンカウンターだけ取り替えることができそうなので、何年かして気が向いたら大理石に替えてみようかなと考えてます。


できあがった我が家のシステムキッチン。入居したばかりのころ
 

計量米びつも内蔵してます


収納箱などバラで売っているところも多く、これらと大理石を自分で組み合わせてやってみるのも楽しそうなので、次期、システムキッチンを作り直す時はこういうチャレンジをしてみようかと考えてます。あまりいいできではなかったもので..


5月19日のブログ立ち上げから半年が経ちました。
記事数210、累積ユニークユーザー数5,000となりました。
これから1年を目指して頑張りたいと思います。
関連記事
ウチはオーダーメイド。
オーダーメイドと聞くと感覚的に凄いなぁ~って感じがしますが、要は、内装請負の連中に、一緒に頼むだけ。。。
高さ指定を高めにしていたのですが、爺ぃが勘違いして標準にしてしまった事と、天袋の棚の一が高すぎる事。
爺ぃは「頭に当たる!」と言う理由で高くしたそうですが、沢山はいるように考えて、奥行きを深くするからそうなるんです。
こまの設計図は、そんなんじゃなかったんですけどね・・・
実は、アパートを買った後に帰任命令が出てしまうと言う、バツの悪いタイミングになり、設計図を残して、内装全ての監視を、爺ぃと爺ぃの息子にして貰ったのです。
帰任命令が余りにも急だったもので、あの時はマジ愕然としましたね。(^^;
1997年の事なので、今程便利でもなかったし、材料も良くなかった上に高かった。。。
後に、仰るシステムキッチンメーカーや展示コーナーの充実に、ヨダレを流して見てましたね。(~~;
まいど。
そういうオーダーメイドのやり方が以前の普通のやり方だったというのはいろんな人の話を聞いて知っていますし、今も安く上げるのにもそういうやり方をするらしいです。
そんなときだと私が内装工事をひとりでやれたかどうかわかりませんよね。
こまちゃんもたいへんだったでしょう。
ま、ひとつ内装工事をやり上げてしまうと自信もつくもので次は何でも来いと言う気になってますけどね。
ほんとほんと。
手間数は路上作業者を雇用した時の方が多いのですが(物わかりが悪い。ホンマはズブなのに看板上げて座っている(^^;)、工程は同じですからね。
でも、長く付き合うお家ですから、路上作業者はパスしましょう。
今は昔と違って、家具を買うとセッティング費用付き、エアコンもそう、キッチンも。。。と、作業費用がかからなくなってきていますよね(ずいぶん前から)。
知り合いの上海住人(温州人)は、副業でワンルームマンションを人に貸していますが、ベース内装をシンプルに完成させて2000元、後は、空調,作りつけの多目的テーブル,衣柜,馬桶・・・と、全て製品実費で賄えると言っています。貸したお金で次のマンションを買い、また別の学生に貸す・・・ってな感じで、今4件持っています。
殆どが、大学近くの物件です。
月給が3000元ですから、・・・・・うう~ん、温州人は目敏い!!!(><;
上海人にはマネ出来ない芸当です。(田舎モノを小馬鹿にする“本質カッペ”ですから)
うーん、上海の物件は投資目的で温州人がたくさん買っているという噂はほんとうのようですね。
たしかにね。深圳にも2万元弱で内装をして貸家にしてる中国人がいます。
基本的にレンタルの部屋はいい内装をしている所がありませんよね。
彼も言ってました。
「中国人は丁寧に使わないから、簡単で良い」って。
でも、彼の所は、パソテーブルや衣柜、エアコンまであって、学生には一寸贅沢みたいです。(金持ち狙いみたいな口ぶりでした・・・目敏い!)
吉野@復旦さんなどは、虹口区の北の果て、そこの老百姓アパートを借りていましたよ。
かなりボロかった・・・(^^;(ハハ・・聞いてないだろうな?)
聞いてるよ・・
確かに香港人も中国人も使い方はかなり荒っぽい。
僕もそういうやり方になれたのか、
香港ではドリルを友人から借りてきて
タイルにどんどん穴を開けてました。







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by