FC2ブログ

2008.03.27 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

《深圳新生活日記》【45】 台風のマカオから珠海へ-週末旅行(1) (2005.9.24)


深圳新生活日記 【45】 2005年9月24日 マカオから珠海へ - 週末旅行(1)

今日は南山にすむ友人Nと共にマカオへ。
気になっていた台風は小休止、あるいは過ぎたようなので出かけることにした。
456のミニバスで南山の蛇口埠頭へ。1時間ぐらいかかる。
Nはすでに到着していた。10時50分のフェリーでまず珠海に入る。タクシーでマカオとのイミグレへ。20元。
中国側のイミグレは見たことないような行列。かつての香港・深圳のイミグレを思い出す。
けっこう広いのだが雑然と見える。1時間以上並ぶ。
マカオ側も多かったがこちらは早かった。

マカオではNのお薦めのポルトガル料理。彼はここへよく来ると言い、レストランのオーナーからポルトガル語で話しかけられている。料理はうまいのがあった。ポルトガル料理はそんなに脂っこくなくあっさりしているところがあり、僕には助かる。
ちなみにNは子供時代をブラジルで過ごし学校はアメリカンスクールだったということでブラジルなまりのポルトガル語をネイティブに話し、英語もネイティブというトライリンガル。

バスであのなんとか門の所まで行き、ウィンドウショッピングしたりコーヒーを飲んだりしてリラックスしたのだが・・
台風の影響もあってか雨が降ってきた。気分が乗りきれず帰ることにした。週末のマカオのホテルは高いし・・・

珠海へはさっきのイミグレがぞっとするのでマカオから蛇口行きのフェリーに乗ることにしてフェリー乗り場に行くと台風の影響で最終便が欠航!!
仕方なく悪役イミグレを通って珠海へ。またもやぞっとする行列。次回からは直接蛇口→マカオのフェリーを選ぶべきと知る。

急遽、珠海に一泊することにしてイミグレに近い金葉酒店というホテルをとる。Nがいることも考えて「豪華房」を選ぶ。リビング付きツインで430元だった。部屋に入ると結構豪華。Nと同室。

フロントで日本料理屋の場所を聞き出かける。日本料理屋では偶然Nの知り合いに会う。
食後、町をぶらぶら、Nの知り合いに聞いた明日香というカラオケへ。当人も来ていた。それにあと一人の客。こちらはどうも僕の知り合いのようなのだがなかなか思い出せない。ごめんなさい。
店は深圳に比べればかなりお粗末だが、それなりに営業できている様子。

12時過ぎホテルに戻る。台風状況をTVで見てシャワーをして寝る。

21,800歩

このときの写真が残っていないところを見るとこのときはカメラを持っていなかったようです。
で、2004年3月に同じく彼と行ったマカオの写真です。


2000年のとき


2004年にNと行った時。
今回のレストランとは違いますがやはりポルトガル料理



関連記事







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by