FC2ブログ

2008.03.14 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

《深圳新生活日記》【42】 食器棚とスイッチ (2005.9.19)


深圳新生活日記 【42】 2005年9月19日 食器棚とスイッチ

昨日注文した棚板用のガラスを取りに行く。まあまあの仕上がり。
持ち帰って洗う。洗っていて1枚の隅がかけてしまった。材質の問題か、加工の問題か、それとも洗い方が乱暴だったのか原因は推定できず。

323路のバスで内装材料店の集まっている宝安北路(羅湖区)へ行く。楽安居、百安居などを巡りベランダのテーブルを探す。今のところ、上沙の楽安居にあったのが一番いい。明日、世紀中心へ行っていいのがなければ上沙の楽安居で決めるか...
額をかける金具のアイデアが固まってきた。
百安居で玄関スイッチ用に表示灯付きのスイッチ、トイレのコンセント用に防水カバーも買った。
一番ラーメンでラーメンと餃子を食べる。

帰ってから、スイッチと防水カバーを取り付ける。苦労した。
玄関にある3連スイッチはON/OFF位置関係がバラバラ、統一性がなかった。蛍ランプ付きのスイッチに変更し、配線を変えてON/OFF位置を統一する。3路スイッチもあるので少々ややこしい。少しずつ気分がよくなってくる。
ただ、スイッチの設置位置は失敗だったと実感する。今となってはどうしようもないが。

棚板のガラスは縁が欠けた上、取り付けてみるとちょっと短かったのでもう一度注文しました。縁の少しかけたガラスは書斎の机でPCスピーカーとディスプレイの下に敷きました。
備え付け食器棚の側面にボスを打ってガラスを置くとけっこう見栄えするようになりました。




コンセントの防水カバーの取り付けはまず配線をはずさないと取り付けられないことがわかってけっこうどきどきでした。なんせ日本とは違って220V、びりびりはいやですからね。


関連記事







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by