FC2ブログ

2008.01.18 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

《深圳新生活日記》【26】 Skypeで中国語チャット (2005.8.8)


深圳新生活日記 【26】 2005年8月8日 Skypeで中国語チャット

Skypeで接続承認の要請がきた。プロフィールを見るとChinaとなっているので中国人だろうか。ま、気にせず承認。でも誰なんだろう、気になって接続を試みる。ごちゃごちゃあったが接続、「你好」とチャットメッセージがくる。するとやっぱり中国人? 「你好」と打ち返す。

彼女は23歳、青島金麒玉麟温泉山庄という温泉で会計をしているらしい。日曜月曜が休みで日曜は日本語の勉強、月曜日は事務所でたまにチャットをするとのこと。母方のおばあさんが日本人で自分には1/4日本人の血が入ってると言う。母方のおじいちゃんが東京帝国大学を卒業、彼女のおばあちゃん(日本人)を日本で見つけて中国に帰る。お爺ちゃんが死んだ後おばあちゃんは日本に帰ったと言った。
今年6月に福岡に行ったのだそうだ。おばあちゃんはここの出身だろう。
大きな写真を送ってくれる。かわいくてはきはきした感じ。

彼女の北海道に住む中国人留学生の知り合い(Skypeの?)を呼んで3人で音声チャットをする。彼は日本語が流暢だったので助かった。もう4年日本に住んでいるらしい。今日、郵政民営化が否決されたとニュースを教えてくれる。
話を終えると彼は楽しかったと言っていた。明日も、と言うが明日、彼女は仕事。1週間後だろう。
それにしても長いSkypeだった。数時間チャットと音声チャット。通話無料とはいえ、体力がかなりしんどい。


夜インターネットラジオで言っていたのは日本の借金が地方自治体も含めて1000兆円だと言っていた。700兆と言うのは国だけの金額か...
4人家族だとすると一家で4000万円程度の借金があることになる。とても返せる金額ではない。それでもなお国債(借金)を発行するのか・・・


私のSkype名はSceneway。そして深圳在住、言語は日本語という設定。名前だけではどこの人なのか判断できない せいか、この後、中国人から頻繁に接続申請が来るようになりました。ほとんどは若い女性。女性はこういうのが好きなのでしょうか。

昼間のコンタクトはチャットです。どうやら仕事中のような感じ。 長い中国語の文章が来るとWEB翻訳ページへ。翻訳といってもめちゃくちゃな翻訳なのですが概要はわかりますので読む箇所のポイントを絞れます。
これまでにアルファベットで表記するピンイン法をだいぶ訓練していますので入力はピンインでやりました。
それに日本語読みできるものなら日本語で書けばよいだけですので割合楽です。
最近は自分のPCからコンタクトしているという人が増えました。

でもなんかこちらの人は長時間疲れを知らずにやりますので私は疲れます。中国語読むだけでもしんどいのに・・ つきあっていると1時間2時間すぐたつのです。
で早々に切り上げるようになりました。


2008年1月18日、今日の深圳
寒さも和らいで昼の月が見えました。

関連記事
Skypeから連想されるのはiPhoneですが、中国ではさっそく偽物が販売されているようですね。(笑)
TVニュースで紹介されていましたが、見た目はなかなかカッコイイ製品でした。
米国ではHotスポットが充実していてネットもスマートフォンも大変に便利なようですが、香港はどうですか?
確かに深圳の電気街、華強路を見て歩くとiphoneをよく見ます。偽物も多いことだろうと容易に想像できますね。
このごろ香港生活から離れているので香港事情はよくわかりません
m(_ _)m







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by