FC2ブログ

2007.12.20 カテゴリ:記録・日記 >  深圳新生活日記2005-2006 

《深圳新生活日記》【19】 カップを使った吸玉治療 (2005.7.16)


深圳新生活日記 【19】2005年7月16日 カップを使った吸玉治療

南山区に住む友人から電話。香港へ行くので一緒にどうかとのこと。カップを使った吸玉治療に行くらしい。彼は肩が時々痛くなるので時々この治療に行く。深圳でも当然探せばあるはずだが、彼は香港で見つけている。
興味があるので見に行くことにして一緒にでかける。

今日の中国側のイミグレは近頃になく混み合っている。どうにかならないものか...

香港へ到着。
治療院の受付は日本語でも書いてあるので日本人の客も多いのだろう。
2ヶ所の処理をして100HKD、そんなに高くはない。
針のたくさんついているハンマーで患部をたたいてから吸玉をすると黒い血が出てくる。調子のいいときはきれいな血が出るそうだが、この黒い血が出たときは以後数ヶ月痛みがなくなるという。

KCRモンコック駅の新世紀百人一朱で天ぷら定食を食べてモンコックの電脳中心付近へ。
Nikonのデジカメを売っていたので値段を調べていく。7900が3400HKDぐらい。512MのSDカード付きだが5万円近くになるだろう。日本で買った3万円とは差がありすぎる。次に買い換えるときもやっぱり日本に帰省したときに買うのが良さそうだ。

中国へ戻る。彼はカラオケに行きたいという。彼のおごりと言うことでおともする。
TOTOの入っているあのビルの4階の日本カラオケ「蘇州」。
僕が選んだ小姐はいろいろ指名があるらしく忙しそう。替わりにきた小姐はけっこう面白かった。

引けたあと、近くでラーメンを食べて帰る。タクシーはなかなか安くならない。頑張って35元。

15,800歩

2007年12月のマンション

新年が近づいてきたせいか、築後2年を経過したマンションではあちこち修理を。
会所では新しいテナントが入る様子で内装工事中。何ができるのか聞いていませんがちょっと楽しみ。雰囲気的にはマッサージ屋かなと・・・

棟のエントランスの壁の大理石を張り替えています。


会所の2階は内装工事中。

関連記事







Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by