FC2ブログ

2008.05.14 カテゴリ:奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2008 

【奈良帰省日記2008】(3-2) 世界遺産 薬師寺、唐招提寺、平城宮跡を歩く | 2008.4.29 |

奈良帰省日記 2008 (3-2) 薬師寺、唐招提寺、平城宮跡を歩く | 2008.4.29 |

平城宮朱雀門


平城宮跡へ (2) 2008.4.29
平城宮跡に入る。家を出てから2時間半。距離としては5キロあまりだと思うのでかなり道草したようだ。
初めて復元朱雀門を間近に見る。意外に小さい。個人的にはどーん、と圧迫するような迫力が欲しいが・・・
少し復元されている平城京で一番広い道路、幅75mの朱雀大路を見てみる。
両側に当時の街路樹の柳が少し植えてある。これも意外と狭く感じた。どうしてだろう・・・75mならば広く感じるはずだろうに・

第一次大極殿復元作業現場へ。近鉄電車が平城宮跡を南北に分断する。
踏切を越えて現場へ。
復元工事一般公開施設と言うのがあるので入ってみる。ちょっとした展望台になっていて、映像と模型でも説明をしていた。
朱雀門復元時の記録映像もあった。古来の技法に乗っ取って建設されコンピュータシミュレーションを使って補強を加えたと・・ちょっと近代建築士のやりすぎ のような気も・・
1300年を耐えた建築を造った建築士に実績のない建築士が横やりを入れているような気になる。

3本目の記録映像を見ているうちに管理人「閉館時刻です」
外へ出て平城宮跡資料館へ。もちろんすでに閉館。子供が館前でバスケットボールをやっている。

近鉄西大寺駅へ。近鉄で帰宅。

1万9900歩


平城宮跡に入る




ちょっとだけ再現された朱雀門前の朱雀大路 あまり広いとは感じられなくて残念






平城宮跡を南北に分断する近鉄電車


2010年に開催される遷都1300年行事のために大極殿を復元工事中


復元工事一般公開施設から見た朱雀門


若草山を


平城宮跡資料館


資料館前で楽しむ子供たち



帰りの道で。高校時代、自転車通学で通っていた道。道の真ん中にある当時の地蔵堂がまだ健在で感激。





後日、冷たい雨の日に資料館に入館しました。




雨の回遊庭園

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by