2012.08.21 カテゴリ:香港の山と公園 >  大欖郊野公園-九径山 

   《香港の山》 新界西北部、青山と対峙する九径山507mへ (1)

九径山登山道から圓頭山、深圳湾、はるか深圳を展望

《香港の山》 新界西北部、青山と対峙する九径山507mへ(2012.8.12)

これまた2008年の11月に登ったきり、3年9ヶ月ぶりの九径山です。九径山は香港西北部で青山の東に対峙する507mの山です。
先日九径山登山のステップになる屯門径を少し歩いたのがきっかけで九径山に登ることにしました。2008年に登った時は507mという高さにもかかわらずあちこちうろうろする登山道で時間がかかるなあという印象でした。

6月に 屯門径を歩いた時屯門径からにマイナーそうな貧弱な石段が分岐していてこれを登っている人がいたのでついていくと九径山へのルートにバイパスしていました。地図で見るとこれも屯門径のようです。
今回はこのコースを利用しました。結局このコースは30分ほど早いことが分かりました。


香港・西北部 九径山へ

2008年のアルバムでは登り始めから下山完了まで総合計4時間ぐらいでしたのでのんびりと深圳を出発しました。

屯門のJUSCO近くのマクリホース・トレールの終点M200からの出発。
途中でマクリホースから屯門径に入り、途中の分岐点を九径山方面にとるとあとは道なりに行けば迷うことなく山頂に到達します。
1時間かからずに山頂にあっけなく到着。2008年とは違い普通の507mの山の時間で登れた感じ。

下りはこれまた08年のルートをたどりました。ルートといっても踏みあとをたどっていくだけです。当時と違って道が崩落しているところもあってやっかいでした。途中大きな石に足を取られて不覚にもこけました。ちょっとすりむいた感じ。

で、最後はマクリホースM196地点に合流。屯門健身径にもなっているバーベキュー場で08年と同じ所に出ました。ここで少し休憩。こけた時にすりむいたところから血が出ていたのでバンドエイドをぺったん。

ここからあとは楽なコース。でも・・知らないところに出てきました。「顕発里 Hin Fat Lane」・・ここはどこ?
カユプテの並木にカユプテの花が咲いていたので撮影。近くに元朗行きのミニバスがあるのを発見、これで元朗へ、いつものルートで深圳へ。

写真編へ
登山道から展望
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by