FC2ブログ

2012.03.31 カテゴリ: ハプニング 

《ハプニング》 階下の住人をまき込んだ春節越しのマンション水漏れ騒動 (2)

29日から30日、香港にお泊まりでブログも休憩。で今日からまた再開。まずは水漏れ騒動続編です。

《水漏れ騒動2012 (2)》

水漏れ部分が見つかって修理できたところで内装会社の年内の(春節前の)お仕事は終了になりました。あと、階下の補償(天井の修理)と当方のフローリングを復活させる作業が残っています。これは春節明けのお仕事、でもいつになるか分かりません。都会では春節休みは1週間程度ですが現場仕事などの場合はまだなお春節前後1ヶ月ぐらいは休むところが多いようです。ま、気長に待ちましょう。


やってきたのは
とりあえず水漏れ修理が終わってまず様子見にやってきたのは階下の住人でした。補償の話、天井修理の件です。一応事情を話し春節あけになるだろうと説明。

次に来たのはマンション自治会の委員(たぶん)の女性と管理所の男性。なにやらプリントアウトしたものを手渡されました。彼らはこちらが日本人であることは承知していますから日本語らしいものが印刷されていました。おそらくネットの翻訳サイトで翻訳したものを持ってきたのでしょう。
残念なことに判読不明・・・でもまあ、水漏れの件であることは分かります。外部から修理の人を呼ばなければならないかも知れない・みたいなことが書かれていました。一応言葉で確認します。二人はこちらが中国語を少し話すのにもほっとしたようで会話で話が進みます。
すでに修理は終わりましたと言うと二人ともはっきりほっとした表情になりました。で、修理の時に撮影した写真を見せながら説明。納得してもらいました。
彼らはこのあと階下によって現状を確認するとのことで、もし問題があれば戻ってきます、と言い残していきました。階下の人とは話がすんでいますので彼らはふたたびやっては来ませんでしたが・・


春節
リビングのフローリングがないままで春節を迎えました。普段ならここに電気ごたつを出してのんびりするのですがリビングが使えないのでこたつを書斎に移動、書斎机のデスクトップPCをこたつに移動。キーボードとマウスは無線に変えているのでディスプレイだけ配線して移動すればよいわけで楽ちん。
こたつに入りながらのPC操作は寒いこの季節、なかなか具合がいい・・リビングよりもこの方がいいかも・・ちょっと気に入りました。でJUSCOに130元程度で売られていた座椅子をすぐさま買ってきました。 けっこうけっこう。


ふたたび内装会社から連絡
春節が明けてだいぶだって内装会社の彼から電話がかかってきました。
どうやら彼はタイル張りの床の水漏れ対策の経験が多くてフローリングの場合手順がよく分からずめんどくさがっているような感じがしました。フローリングの木地板(無垢のフローリング羽目板)材料を購入する必要がありますがこれを自分で買いに行くことにしました。彼は材料が手に入ったら連絡してくれと言う。

久しぶりにホームセンター(楽安居)へ木地板を手配に出かけました。以前買った店でサンプルを持って手配に行きます・・が後日連絡が入り、現在このタイプの柄の板を作っていないと・・
確かに店で見たのは全部つや消しのものでした。私もつや消しが好みなのですが当時はどこへ行っても光沢のものしか売っていませんでした。これも時代の変化でしょうか・・

で、別の会社ので似たようなものを探します。たくさんありましたがここで一つ問題が・・寸法が合わないのです。幅とか組み合わせ形状は変わらないのですが私が買った時の長さは450mm。現在はほとんど460mmで450mmがどこの店にもない。
長くても何とかなるだろうとは思えますが これは内装屋の現場職人の意見を聞いてもらうしかない。内装屋に手配をまかせることに。内装屋の彼もあれからいろいろ情報を集めたようであっさりした返事で彼が手配をするといってサンプルの木地板を持って行きました。結局彼らも450mmのものを見つけることができず。
この間に階下の天井の修理を終えました。

フローリングの原状回復
そして3月13日、やっと原状回復工事。水漏れ対策をした同じ人が工事にやってきてくれました。

写真のように2箇所でちょん切られています。この間の部分も剥がして一つながりにしてからはしから一つ一つ組み合わせていきます。部屋の中ほど部分にはもとの450mm木地板を使い壁に近い部分に新しい460mmの木地板を使います。
そして6時間ほどかけてやっと終了。マンションの作業期限の18時近くになってきて終わるのかと心配しましたがめでたく終了。

春節が入ったため思いもかけず3ヶ月もかかったことになります。ぞっとした水漏れ騒動でした。
費用ですが階下の天井修理も含めて3500元。

それにしても・・彼が水がほしいといった時にこちらで作った特製冷やし鉄観音茶をふるまったのですが彼が言うには「水道水でよかったのに」と言うことでした。
へえ、これがこちらの人の感覚なのでしょうか。ま、私も生水は飲まないまでも米を炊く時、お茶を入れる時なども含めて水は全て水道水を使っています。昔は5ガロン(19リットル)入りのミネラルウォーターを買っていましたが今は買うことはまずありません。
でも水道水をそのまま飲むという発想はありませんでした。今後もないと思いますが・・さてどうなりますやら。

 

階下の住人をまき込んだ春節越しのマンション水漏れ騒動
おわり
関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by