FC2ブログ
12 記事  1 ページ

2020.08.01 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》新しい散歩道 - 長江水庫東

新しい散歩道 - 長江水庫東 (2020.7.31)

天気予報は当分雨ばかり。家にじっとしているのもなんなので外へ。山歩きは天候の都合で敬遠、散歩道でも・・ということで新しい散歩道を探そうとでかけました。いつもの長江路の長江市場から少し先へ。従って家からは少しバスに乗ります。


9.1km
3時間(移動時間 2時間30分)
累計上昇 255m
累計下降 217m

ルートの色は緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。



散歩に


バスを降りたらA点までは都会の道、散歩道になった歩道があります。A点はマンション・君臨天下の入口です。香港・西九龍にも君臨天下という高層マンションがありましたがそれの系統なんでしょうかね。凱茵新城系はこの辺り一帯に広がるマンションですが30%ぐらいは香港人が買っているという地域なので・・

A点を超えると林の中の道。B点からは長江水庫をかいま見ながら散策、広東緑道へと続きます。

本道から少し入っていくと水庫の近くまで来られます。今年はほんとに水が少ないですね。本来ならおそらく水が張っていると思うのですが。雨が少ない。

この山はおそらく西坑山頂。

広東緑道に入ります。


C点です。

同じ道を往復するのは好きではありませんのでC地点からループを描いてB点に戻る道を考えていました。ここまで来た道のように気楽な道が続くと思っていたらとんでもないことに。

写真右端の小さな木に赤いリボンが付いています。この崖を登らなければならないようで・・切り立っているのでどうして登れば・・覚悟を決めてよじ登るとどうにかなりました。

このあと更に崖を2つよじ登り一気に100mあまりを登りました。でも崖3つ登り切ってみると何とかなるもんだ、と思えました。草にむき出しの脚をいじめられながらD地点へ。ナビの方向にルートが見つからない。たぶんこれかなとか思う所がありましたがちょっと考察。今日は散歩道のつもりなので山歩き用の装備もないし時間的にも苦しい。で退散します。
でも・・とするとあの崖3つ下りなければなりません。登りは楽でも下りは怖いのが当たり前(?)なので少しぞっとしますが先へ行くより良さそう。まあでもどうにかなりました。
来た道を引き返します。

B地点に戻ったとき念のためループコースの分岐点を探しましたがそれらしきルートは見つかりません。どうやらナビのルートは古いのかもしれません。マンションが開発される前のかも・・このループコースは使わない方がいいかも。


散歩区間内の歩数は1万5000歩程度






長江水庫 獅頭山かな・・


広東緑道 曇り空ながら散歩の人を幾組も見ました



さてC点から登ると・・ここも崖・・・よじ登ります


展望は悪くないですね。五桂山がよく見えます。








2020.08.05 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》雨、雨、雨

《中山日記》雨、雨、雨 (2020.8.5)

天気予報どおり雨、雨、雨の毎日です。一日中、降ったりやんだり、雨の合間を縫って近くの公園を散歩したり買い物したりする日が続いています。おかげでエアコン要らず、扇風機で用が足ります。そして買い集めたトレーニングマシンの出番。

毎日降っているわりにあまり雨量がないような気もするのですが水庫に水が増えているでしょうかね。雨が収まったら獅頭山へ長江水庫の水が増えているか見てみたいものです。今のままだと雨の降らない冬の水が少し心配。




2020.08.07 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》晴れた

晴れた (2020.8.6)

雨雨雨とぼやいていたら次の日から晴れました。
で、さっそく出かけました。手近に華佗山公園へ。深圳が見えるかどうか気になっていたので。700段の石段を登って展望塔へ。ところが・・・



最近閉鎖されたようです。何か不具合が見つかったのかな・・本格的な柵のようなのでふたたび解放されるまで少し時間がかかりそうな感じ。

登らずに展望すると深圳の方向の東は山しか見えない・・いつもは南の五桂山ばかり見ていてわかりませんが塔の最上階でも見えていなかったのかも。ちょっとショック。






カレー
この前、日本から持ってきたカレールーの在庫がなくなった話をしていたら急にカレーが食べたくなって注文してしまいました。淘宝。安いのを探しましたがそれでも日本のスーパーの2倍の価格。届いたルーは賞味期限が1年ほど残っていたのでよしとしましょう。
そして今日・・



量は多いです。カレールーは塩分が多いので具を多くして4皿分を5皿分ぐらいにして・・・
残った分は1回分ずつ保存容器に入れて冷凍保存。


華佗山公園









ギンネムが咲いていました


モズ(高砂モズ)が出てきました


帝揚羽(みかどあげは)

2020.08.09 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》水庫の水が増えたかな 獅頭山から長江水庫へ

水庫の水が増えたかな 獅頭山から長江水庫へ (2020.8.8)

やっと雨が上がったので1日ルートの乾燥日をとって今日さっそく出かけました。最近はバスに乗るのも面倒なので往復歩きます。マンションから登山口まで片道ほぼ3.5km。

13.1 km
5時間30分(移動時間 3時間50分)
累計上昇 489m
累計下降 519m

ルートの色は緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。




獅頭山~水庫
六只脚HP



さて週末の獅頭山、いつものように山頂はハンモック村、ハンモック族が占拠していました。ただ山頂が少し暑い。少し位置をずらした方が涼しい。日が当たってるからかな。子供も大勢で見ていて楽しい。



そして水庫の水は・・・少し増えたような気もしますが相変わらず湖面縁取りの土色は見えています。



今回はここから長江水庫の方に下りていきまして湖面に触れてみました。A地点。先客が一人。「一人?来るのが遅いなあ・・」スマホの時計を見ると16時になっていました。彼女は犬と一緒。早々に帰りました。
写真を幾枚か撮影、早々に引き上げます。
帰りは楽ちんコースを考えて・・それでも家に到着したのは18時半でした。もう少し早く出発した方ががいいかな・・時刻が遅いと新しいルートを巡る冒険ができません。


そして・・
獅頭山山頂から水庫へ下るルートは初めてです。急坂の連続で足場がとても悪い。途中不覚にも砂で滑って転倒しました。で帰ってきて鏡を見ると左上腕部に大きな擦り傷ができてました。そしてシャワー。おっ、とっても痛い!
ルートにもよりますがやっぱり長袖長ズボンがいいかな・・とは思いますがとにかく暑いので露出の多い方が気持ちよく勝てません・・まあこまめに着替えをするのがいいですかね。



深中通道方面。地図と照らし合わせて深圳の山を確認すると鳳凰山、羊台山が確認できました。さらに右方向には塘朗山,更に距離があるので確認が難しくなりますが梧桐山も。






獅頭山から長江水庫

登山口に向かう道で。三山の真ん中が獅頭山305m。右端の三角頭は天葬墳341m。



長江水庫 水が少し増えたかな・・


ちょっといい感じ


深圳空港と鳳凰山


羊台山




下りてきました。長江水庫の水面。






帰ります


17時からでも何組も登ってきました。一度私も挑戦してみましょうかね。


2020.08.12 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》散歩道の古民家群

散歩道の古民家群 (2020.8.11)

先日行った長江水庫東の散歩道。このあたりは住宅開発される前はたぶん都市部からはずれて昔ながらの生活をしていたのでしょうか、新しいマンション群とは対照的にこのあたりの古民家群はとても趣があります。
ふたたびやって来まして古民家のあたりも散歩してみました。あいにくの天気でときおり小雨。傘を差すほどでもないのであちこち道草しながら歩きました。





天気予報では・・
天気予報ではまたまた雨模様。今日もまとまって降っているような感じ。今年は季節が少しずれているような・・8月半ばでこういう気候はなかったように思います。



新しい登山グッズを購入
折りたたみ椅子を買いました。かなり小さく折りたためます。山で休憩しながらサンドイッチとかおにぎりを食べるときに使おうと思って。軽い、アルミ製285グラム。
座り心地はあまり期待してなかったのですがけっこうよかった。

  


淘宝です。28元、500円弱ですね。



ハイキング客が多いようであちこち露店が出てましたが、この日は平日の雨模様の天気、人はさっぱり。週末どうなのかな。


ここはなんかのアトリエのようでした










このベランダがいいですね


ヒメノカリスが咲いてました


2020.08.16 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《中山散歩》改造された新・長江路の風景

改造された新・長江路の風景 - 山景観へ (2020.8.15)

毎日1度2度、まとまった雨の続くこのごろです。で、遠い所へ行くのは敬遠して手近な所ですませています。
土曜日、シーツ、タオルケットなどベッド関係のもの、バスタオル、タオル関係のものの1週間一度の洗濯の日。タオル関係は水温90度の除菌モードで洗濯。洗濯を終えて散歩に出かけました。久しぶりに長江路を歩いて山景観・三仙娘山径へ。

12.5km
3時間30分(移動時間 2時間45分)





新・長江路
しばらく通らなかったうちに大きく変わっていました。ほぼ改造工事も終了してBRT(Bus Rapid Transit)拡充のためのBRT駅がたくさんできてました。いつから使用開始かな・・
そして沿線は新しいマンション、事務棟などの建設が盛ん。


BRTの站ができてます

先へ進みます



振り返って



山景観の近くにもBRTの站が・・

長江路から集落の道に入ります

そして三仙娘山入口

帰ってきました







三仙娘山から



山の名前もはっきりわかります。大尖山が見えます。


こちらは天葬墳から獅頭山へ。獅頭山はちょこっとだけ


2020.08.19 カテゴリ:中山 >  中山日記 

《中山日記》雨の公園

雨の公園 (2020.8.18)

雨の予報の毎日に戻りました。晴れ間が少なく・・
空模様がよくないので近くの公園・紫馬嶺公園へ散歩に出かけました。ときおりぱらぱら小雨の降る道を歩きます。
展望台で眺めると遠くの空で雨が降っているような・・で、こちらにも激しい雨が降ってきました。

台風7号の影響で止まっていた大橋の通行が再開されると通知がありました。明日は晴れかな。


(タブレットのカメラで撮影)

遠くで雨が


展望塔に登ったら雨が激しく降ってきました





2020.08.22 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》散歩道2 ループコース探査成功

散歩道2循環 ループコース探査成功 (2020.8.21)

先日中途撤退した長江水庫東の散歩ループコース、今回逆方向から攻めて成功しました。巡回コースの完成。でも巡回コースをとると散歩ではなくトレッキングかな。標高300mぐらいまで登らなければならないので。

8.8km
4時間10分(移動時間 2時間45分)
累計上昇 352m
累計下降 337m

ルートの色は緑色が標高が低く、黄色からオレンジ色が濃くなるほど高くなります。




散步 长江水库 福获循环
六只脚HP



前回確認していた山方向に続くトレール、A地点がその分岐点。今回はこのトレールが巡回ルートにつながっていると期待して登りました。予想どおりつながっておりましたのであとは前回見つられなかったB点に続くルートのみ。これも比較的簡単に見つかりループをつなぐことができました。


ループコースを

A点から山野とレールに入ります。そしてここから出発。正面の草木を払いながら登ります。

急斜面を登りながら・・
トレールを振り返ると長江水庫の湖面が少し展望できました。トレールは草木に隠れて見えません


山頂を巡るトレールとのドッキング点。左の方から登ってきました。

ここが今回の最高点。標高300mほどですかね。
踏みあとはある程度残っているのですが訪れる人は少なそう。

この水庫に向けて下山します。

厳しいルートが続く中、少し落ち着くトレールもところどころに。

最後はこの崖を下って舗装道とのドッキング地点、C点に到着。

トレッキングルートを終えてC点の崖を下りたとたんに雨が・・まあ、出発時点で晴れていたもののそんなによいとは言えない天気でしたがトレッキングルートが終わるまで待っていてくれたのかな。あとは舗装道路をバス停まで戻るだけ。


あれこれ
ランニングパンツなので草、ブッシュ、灌木に足をいじめられてもいいように今回はレッグカバーを準備しました。あのマウンテンバイクなんかに乗るときの長靴下のようなやつ。



ポイントポイントで穿いて具合がいい。つとめを果たしてくれます。長いトレーナーパンツよりも小さく持って行くのにかさばらないのがいい。
転倒時のけが予防のためにアームカバーも買ったのですが今回は使用せず。





水庫の水が増えています


能見度がよくありません。深圳が見えない




雨の長江水庫。やっぱり水が増えてます


2020.08.25 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》暑い! 獅頭山へ

暑い! 獅頭山へ (2020.8.24)

獅頭山へ


窓を開けると涼しい風が。今回は運動のための山登りでいつもの獅頭山へ。我が家から歩きます。登山口までは3.2km、45分ほど。14時からの出発ですが日差しがまだまだ強い。
それでも登山口までは平地、歩いていてもそんなに汗をかかなかったのですが登り始めるととたんに汗が・・登りのスピードも落ちます。
今年の山歩きはいつになく涼しい風があったのですがこの日はむっとするような風もところどころにあってちょっとつらい。


トレールで。水量が豊富
トレールの流水、いつになく水量が豊富。やっぱり雨後数日経たないと水庫には水が流れ込まないようですね。

最後の岩場をよじ登って山頂へ。展望する水庫の水量が増えています。
それにしても暑い。手で触れてみるとポリエステル生地のランニングパンツがおしりに汗でぴったり張り付いてます。おしりの線があらわに・・

月曜日と言うこともあって今日の山頂のハンモック族は2人だけ。

氷水でのどを潤しリンゴを食べしばらくゆっくりと汗の引くのを待って下山。
5時を過ぎてもというか5時近くにになると私とすれ違いにどんどん人が登ってきます。ある人は私に「なんと早い下山」と言って登っていきました。


全程11.1kmそのうちマンションから登山口までは6kmあまり。登山部分は5kmぐらいですね。
所要時間は4時間(移動時間 2時間30分)


登山部分は1万歩ぐらいです。



あれこれ リュックの重量
今回はフル装備で出かけました。重量は5kg。カメラ関係が1kgあまり、水分はペットボトル2本で1kg、それに傘、トレッキングポール、手袋、あの折りたたみ椅子、着替え、バンドエイドとかウェットティッシュなどの応急品袋など。以前は日焼け止めなども持っていたのですが最近はあまり使わなくなりました。おかげでこの日の手足の日焼けがバージョンアップ。
獅頭山にはあちこち知らない所に立ち寄ることも考えてフル装備するのですが使うことなく終えることも多い。

能見度は少し悪く深圳は見えませんでした




大瑠璃紋揚羽 (おおるりもんあげは)
大琉璃纹凤蝶  (dà liú lí wén fèng dié)


2020.08.27 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》思いがけずサバイバルコース - 白雲仔頂

サバイバルコース - 白雲仔頂(★白云仔顶335m) (2020.8.26)

初めての山です。山の計画は交通の便が問題、バスがばんばん通っている所はきわめて少ない。苦労する所です。今回はバスの終点から3km近く歩きます。広珠城軌の「南朗」站からだと83路のバスで終点の合理站へ。


8.4km
4時間15分(移動時間 2時間45分)
累計上昇 393m
累計下降 371m

ルートの色は標高を表します。緑色は標高が低く、黄色からオレンジ色になるほど高くなります。

白雲仔頂(★白云仔顶)
六只脚HP




白雲仔頂へ



一帯は新築中
アプリの道案内で合理村から歩きます。「バスも通わぬ」田舎なのですが登山口近くに来ると民家は新築ばやりでたくさんの新しい家が。建築中も多い。田舎ですから1戸建て。しかも豪華。





水庫から白雲仔頂
そして水庫の柵が道路を遮断。入れないのかなと思ったら人の通路はあるみたい。柵で囲まれた水庫の周りを歩くと今日の目標、白雲仔頂らしき山が目の前に。





分岐点
犬がほえまくって近づいてきます。こちらも反撃で犬に向かって突進すると犬は後ずさり。噛みにくるような犬ではなさそうでちょっと安心。ふと見ると山に入るトレールが。
ここが一般道路との分岐点のようです。


しばらく進むと崖、そしてだんだんトレールが草で覆い尽くされて探っていかないとルートがわからなくなってきました。草でわかりにくい上、谷側の方は踏み外せば滑り落ちるはず・・で、山側の草を手でよけながら山側よりに進みます。腕も足も草に攻められます。途中でレッグカバーを、そして両手に軍手をはめて・・かなり役に立ちました。このときアームカバーもしとけばよかったのですが。
そして


崖を登り・・

草を押しのけ・・右は谷

ミニ滝を抜けて・・


ちょっととんでもないサバイバルルート、夏に利用するルートではありませんでした。冬になって草が枯れたときに通るトレールですね。次回は冬にしましょう。



サバイバルコースを抜けると普通に山頂へのルートに・・
用心しながら1時間近くかかってサバイバルルートをようやく抜け出るとやっと普通のルートになりました。

30分ほど登ると白雲仔頂の山頂に到着。
展望はすこぶるよろしい。東南の方、珠海から香港、深圳とすばらしい展望です。残念ながら能見度が悪く深圳、香港はほとんど見えず・・
今後展望が楽しみな場所。



白雲仔頂山頂からの展望


下山は先日行った長江水庫東の福獲方面に抜けるコースを・・と思っていたのですがルートがわからず今回は来たルートを引き返します。
サバイバルコースはやめて分岐点から直接下るコースがあったのでこちらを通ります。単純な下りコース。
そして最後に着いた所は・・ あの犬がほえまくっていた分岐点でした。写真を見ると左へ行くルートがあります。草で隠れていましたがここに到着、なんじゃい!

あとはバス停まで一途に歩くだけ。



終わってみれば少ない歩数、どうりで・・・


白雲仔頂へ

めざす白雲仔頂






ミニ滝も抜けて・・


なむあみだぶつ


山頂から箭竹山水庫


珠海淇澳島


赤とんぼ(★短腹異蜻)


白雲仔頂へ
おわり

2020.08.30 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

《陝西省漢中便り》星星の軍訓 - 新中学1年生

星星の軍訓 - 新中学1年生

中国の学校新年度は9月です。星星はすぐに中学1年生。燕燕の時は中学校は全寮制でした。最近は学校教育の方法も変わってきているようで星星は自宅から通学するようです。燕燕が通っていた中学(ちょっと農村地)が今は高校に変わりました。めまぐるしくシステムが変わっているようでママもついていけてないような感じ。聞く度に言うことが変わります。

星星が微信で2日間の軍訓があると言ってきました。まあ軍隊訓練と言うことになりますが学生は日中の暑い時間に外でひたすら行進訓練みたいなようです。
燕燕は高校入学時に初めて軍訓をやりました。1週間。星星は中学から早々とあるようです。2日間だけですが。

そして「去年買った靴が入らなくなった。新しい靴欲しい・・・」とおねだりが。まあしょうがないですね。
天気もまだ暑いらしく軍訓泣かせ。







先日長江市場付近を散歩していたらタイワンモクゲンジが咲いていました。すでにたくさん実を付けていて花の季節が終わったような・・
ちょっと残念でした。

2020.08.31 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山脈めぐり》散歩道が獅頭山につながってた

散歩道が獅頭山につながってた (2020.8.30)

よく散歩する長江路のきれいな並木道。ここにちょっと気になっていた脇道が・・もしかしたらここから獅頭山へ行けるかもしれないと思っていましたので確認するため登ってみました。

10.7km
5時間(移動時間 2時間50分)
累計上昇 453m
累計下降 436m

ルートの色は標高を表します。緑色は標高が低く、黄色からオレンジ色になるほど高くなります。



长江路~狮头山
六只脚HP



いつもの長江路の散歩道ですが・・
いくつかの気になる脇道があってもしかしたら獅頭山方面に登れるような気がしてたのですが


一つがこれ。溝をまたぐと心細く続いています。以前に気になって数100メートル歩いて手応えを感じたのですが装備をしていなかったので今回フルの準備をして仕切り直しました。

レッグカバーを履いて準備。かろうじて踏み跡が残っていましたので草を分けて踏み跡を確認しながら強引に進みます。


15分ほど草を押しのけながら登っていくとやっと広くなって進みやすくなりました。踏み跡を頼りにアプリで既知のルートとの合流点を探りながら進みます。


遠雷を聞きながら雨が降ったりやんだりのよくない天候でしたがかすかな踏み跡はほとんど続いていましたので比較的簡単に既知のルートと合流できました(A地点)。
途中登山道を示すリボンが全くなかったのでマイナーなトレールでしょうかね。

獅頭山山頂では休日ながら悪天候でハンモック族はわずか。
帰りはいつものルートで。
ともあれルートは記録できましたので私の地図にこのルートを追加。






獅頭山新ルート



ときおり展望が






五桂山も近くに見えます




そして獅頭山山頂へ


獅頭山
おわり


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by