FC2ブログ
2 記事  1 ページ

2020.07.03 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

《陝西省漢中便り》星星の進学する中学校がやっと決定

星星の進学する中学校がやっと決定

久しぶりに漢中便りです。
中国の学期は9月から始まります。で小学6年生の星星は中学校へ進学します。中学校は初等中学校(初中、●中学)と高級中学校(高中、●高校)に別れています。
例年だと小学6年生の終わりに試験がありその成績で入学できる学校が決まりますがなんか今年からシステムの変更があったみたいでちょっとややこしくなってます。微信だけのやりとりでは理解できません・・

システムの変更のためか校舎も新しくなり学校名が変更になる所もあって全体的に刷新されている模様。そして肝心の学費も燕燕の時からかなり高額になっています。日本では教育の無償化が進んでいますが中国では高額化しています。難儀です。

朝早くから登録に並ぶ親御さん
星星には彼の頭と学費とのバランスをとって漢中実験中学にねらいをつけて登録に行きました。ママは朝5時から列に並びに行く羽目に。1377人が登録、このうち入学できるのが414人だけ。ちなみに414人8学級、1クラス50人ぐらいですね。
登録がすむと試験結果も参考にして学校が決定するとのこと。

で、先日やっと結果が出て星星の入学が決まりました。母親は・・ママ友で微信、Wechatのグループチャットがあるようでみんなから祝福されていた様子。


普通中学に入学するには学区内に家があることを証明するのに自宅の権利書(コピー)を提出しなければなりませんが星星が入学できた中学校はその必要がなさそう。
ただ入学したらすぐに試験がありその成績順にクラス分けされるようです。高校受験を考えると上位のクラスに入っておく方がよさそうなので夏休みは塾で勉強です。

まあ、とにかく今年一番のイベントが終わってほっとしました。ただ・・学費。燕燕の大学に近い金額!
無料化の進む日本がうらやましい。

2020.07.06 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《五桂山山脈めぐり》休日の獅頭山山頂のハンモック

休日の獅頭山山頂のハンモック (2020.7.5)

それにしても獅頭山は人気がありますね。ここからの長江水庫の眺めがすばらしいからでしょう。休日の山頂はハンモックがいっぱい。広東薬科大学近くの入口付近が工事中の時は登山口が閉ざされて山頂に人がぐんと少なくなりましたが工事が一段落して入口が開放され活気が戻りました。
私がこの日とった双合山村のバス停から天葬墳を経て獅頭山に入るルート、工事中の時は入口の代替需要で結構人気があったのですがこの日は私の他は一人もなし。


7.7km
4時間(移動時間2時間10分)
累計上昇 403m
累計下降 421m

天葬坟~狮头山
六只脚HP



暑くなってからペースが落ちました。中山の山歩きはまあ巨大なでこぼこ道を行くようなもので山頂に着くとあとは下りだけ、というわけにいかず上り下りを繰り返します。そのせいもあるのでしょうか平地なら幾らでも歩ける感じはあるのですが・・と言うわけで涼しくなるまでおとなしい登り方を考えながら山歩きを楽しんでます。
今回は獅頭山からの下山は上り下りの少ないルートを選びました。

新しい登山口の探索
そして新しい登山口を探そうとしてA点まで行ったのですが大学を目の前にしてルートがなくなって・・・あえなく撤退。


山頂で
山頂はたくさんの人がハンモックに揺られてお昼寝?写真を写しているとおばちゃんが、きれいに写ってる?と話しかけてきました。
大阪のおばちゃんみたいなもんで気軽に話しかけてきます。私が広東語ではないので「故郷はどこ?」「日本」阿波ちゃんはびっくりしたようですが更にどんどんと、年齢は?、どこに住んでる?、賃貸か買ったのか?、年金はどれくらい?、質問攻め。べつに秘密はないので正直に全部答えます。
そう言えばあの雨の時のおばちゃんも同じような感じでしたね。両方ともいやな感じは全くしませんね。面白い。



そしてたぶんこれが人気の理由。獅頭山山頂からのビュー。昼間は暑いので夕方近くになってもどんどん登ってきます。


バスで来たのですが帰りは家まで歩きました。それでもこの歩数、少ないな・・・


獅頭山山頂で

おばちゃん方






「オレを撮せ!」と声がかかりました




天葬墳。あそこからやって来ました




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by