FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2019.08.01 カテゴリ: 思うままに 

日韓問題 - 香港と中国で経験した朝鮮族中国人・韓国製部品・韓国製スマホから思うこと

香港と中国で経験した朝鮮族中国人・韓国製部品・韓国製スマホ

日韓関係はホワイト国除外も秒読みになってややこしいことになっていますね。秒読みに伴ってガセネタ?と思うような新聞記事も出ているようですが・・
テレビモニターでYoutube動画とスマートニュースを見ながら朝食をとる習慣になっているこのごろです。

日本にいてはわからないのですがこちらでは頭を抱える問題になることがあります。私がこれまで経験して感じた事柄です。 私が在日を除いて初めて会った韓国人は95年、私がまだ日本で働いていた頃です。仕事の関係で数日間韓国へ出張、このときの韓国人の印象は全体的に悪くなく心根が純粋な感じを受けました。
そして96年に日本を出て香港に渡り仕事、さらに中国へひっこしと20年を越える華南地域での生活が始まりました。


朝鮮族中国人・韓国部品・スマホ

時系列で。

朝鮮族中国人
香港で働いていた頃、中国工場で部下的関係になる中国東北出身の朝鮮族中国人男性がいました。公私でときおりつきあっていたような観じですかね。韓国に親族がいて学校時代からいろいろ援助を受けていたようでした。
ある日彼は個人で店を始めたいのでお金を貸して欲しいと言いました。私にとっては月給1ヶ月分にもならないものの当時の彼らにとってはまとまった金額でした。
で頭の中でシミュレーション、もしお金が返ってこなかったら・・・とかいろいろ最悪事態を考えます。ま、いいか、と言うことで貸しました。

あれから20年、結局彼からはお金は返ってきませんでした。2度ほど話題を出しましたが彼はにたっとして目をそらせてその話題には入ってきませんでした。当時は朝鮮族の感覚として親方みたいな関係の者には返さなくてもいいということがあるのかな、とも思っていたのですが。
ま、これは中国人の朝鮮族のお話で韓国人との相違については何ともわかりませんが何となく朝鮮人の感覚というのはこんなかなと今は思えます。


サムソン電子部品
香港では電子機器(オーディオ)の設計、量産をする仕事でした。自分の担当機種ではありませんでしたがサムソンの半導体メモリーを使っていた機種がありました。
一時半導体メモリー界の異変があって製造業者の改変、倒産で供給不安になったときでした。サムソンが半導体メモリーの値上げ要求をしてきたとのこと。
『足元を見て1割2割の金儲けをたくらんでるのかな・・』と思ったのですが聞けば2倍3倍規模の値上げを要求してきたとのことでびっくり仰天。常軌を逸しています。「もちろん断ったのでしょうね」と言うと「サインした・・・」とのことでした。どうして・・・

オーディオ業界は値段が下がりすぎてもうけを出すのにどのメーカーもコストダウンに必死になっていた時代です。安くないメモリーの大幅値上げはかなりの圧迫要素になります。当然部品メーカーも承知をしているはず。それでなお・・・と、がめついと言うより恐ろしいという感覚でした。韓国製の部品を使うのは要注意だな・・と。

サムソン・スマホ

香港、中国では携帯電話をシャープとかパナとか日本ブランドの安物(私は電話にあまり興味がありませんでしたので・・)を買っていたのですが日本メーカーは携帯市場からどんどん撤退していって日本メーカーにこだわることができなくなっていきました。

サムソンのガラケーを買い、その後スマホの時代に入りLGの安物スマホを購入。スマホがPCとして使えそうなので俄然興味が出ました。世の中が進んで初めてのスマホの画面が小さく不便になってきたので新しく大きな画面を求めて香港へスマホの買い出しに出かけました。
中国で買うと言語が中国語か、英語に限られます。中国語にして使っていたのですが日本語を求めて・・2014年、深圳に住んでいた最後の年。


サムソンのこれで手を打つか。と言うことで機種を決定して日本語の有無を確認。香港人店員、「日本語?もちろんある!」と設定を操って日本語に変更しようとすると・・・見つかりません、世界言語がそろっているのに日本語だけがありません。
ちょうどこのころ韓国の反日キャンペーンが行われていました。それに従って日本語だけ削除したようです!
香港人の知人が持っていたサムソンのスマホにはちゃんと日本語があったのに・・・結局このときはSONYを買いました。

でもここでほんとに韓国製を買うリスクの大きさというものを味わいました。日本語のあるものを買っても反日キャンペーンが起こればシステムアップデートのできない事態が起こることが予想されるわけで・・・

これ以後韓国製を買うのに手が出ません。結果的に一人で韓国製不買運動みたいなことに・・・今でも韓国製を買うのには拒否反応が起こります。


今回の日韓騒動で・・
今回の日韓騒動で連日のニュースやYoutube投稿とコメントの視聴を通じて実に詳しく韓国、韓国人というものを勉強できました。。偏向報道を排除するために同じニュースでも複数メディアの報道を視聴して真実像らしきものを自分の頭に描きます。

韓国人も反日キャンペーンに奔走している人ばかりでなく正しい歴史を把握している人も多いようで将来の希望を持たせてくれます。
これは韓国の大学教授のYoutube投稿記事。
2.嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判
“Shame On You” - 韓国最高裁, 亡国の判決
李栄薫(イ・ヨンフン)ってどんな人?

まあ歴史的に見ても反日キャンペーンのような方法は安定していて国民性とも思えるので今後も大きく変わらないかもしれませんが少なくとも今回の日本政府の対応で反日キャンペーンが少しはましになることを期待しています。そのときにこういう人々が表に出てこられることを祈ります・・・


ところでこんなのを見るとちょっと日本のメディアが信じられなくなりますね。
2-朝日新聞の誤報・虚偽報道

以前は韓国の言うことももっともだと、とか彼らの主張通り真実の歴史が他にあるのかな・・と思っていた時もあったのですがネット時代でいろいろなメディアから情報が入れられるようになって真実らしいものが見えてくるようになるとネットのない時代は新聞なんかにこういった偏向報道で洗脳されていたのかなと思えます。
今回の件に関しては朝日新聞、最悪ですね。上記Youtubeの韓国人歴史家は他の投稿で物証も見せながら正しいと思われる慰安婦歴史を取り扱った記事もたくさん投稿しています。それを参照すると朝日新聞のはねつ造とも思えるひどい記事内容でほんとに腹が立ちます。これが今回の騒動の発端でしょうか・・・


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by