FC2ブログ
3 記事  1 ページ

2019.07.03 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《中山の公園》華佗山公園からの展望

《中山の公園》華佗山公園からの展望 (2019.6.30)

散歩がてら華佗山へ。華佗山公園に着くとなんか催しがあったようでにぎわっていました。もう少し早く来れば良かったかな。



天気はまあまあ、能見度もまあまあ。催しがあったせいかトレールは普段に比べて人が多い。





華佗山公園で













後ろ姿の素敵なお嬢さん


2019.07.11 カテゴリ:中山 >  中山トレッキング 

《中山大尖山》山頂で普洱茶(プーアル茶)

《中山大尖山》山頂で普洱茶 (2019.6.9)

このごろは定期的によく大尖山に行っています。散歩の一環ですが。

先日、山頂で話しかけられてお茶をごちそうになりました。
途中で見かけた人ですが登るのがすごく早かった。ところが彼の方は私の登りがとても良かったと言いました。彼は20-30分で登るが私はどれくらいの時間で登るかと聞いてきました。
20-30分とはとても早いですね。私は1時間ぐらいかかります。ちょっと張り合われてるのかな、でも私の完敗ですよ・・

山頂にはお廟があるのですがなんかその関係者のようですね。鍵のかかった倉庫(?)からお茶のセットを取り出してお茶を入れていただけました。思わぬことでしたが とてもおいしい。たっぷり汗をかいた身体が生き返ります。

ところで最近はよく訪れるためか時々声をかけられます。「この前あなたを見かけました」とか。
それだけここを常時訪れる人が多いのでしょうね。そんなに山の多くない中山、山歩き場所が限られるのでしょうかね。まあ私の出で立ちも目立つのかもしれません。思い切り短い短パンです。

汗をかくので蒸れてきます。綿はダメですね、汗を含んで蒸れを増長する上、乾きが遅い。インナー付きのランニングパンツが一番いいですね。とってもさわやかで動きやすい。シャツも汗を外に出してくれるやつがいい。散歩みたいな登山ですから着るものも身軽がいいですね。

山頂のお廟




大尖山で





ヒメノカリスはあちこちに


2019.07.15 カテゴリ:中山 >  中山日記 

あれま 間違えた! 香港へ・・・

あれま 間違えた! 香港へ・・・ (2019.7.9)

マカオへ・・・!
さて遠出の日。高速バスは時間の都合で港珠澳大橋の珠海口岸イミグレーションへ。
中国側の出国審査を抜けてマカオへ行こうと・・ところが目の前の案内板は香港の文字だらけ・・
どこで間違えたのでしょうか、マカオへ行くはずが香港行きのイミグレを通ってしまったようです。うーん。しょうがない今日は久しぶりに香港へ行ってみるか。

香港へ
と言うわけで港珠澳大橋を通って香港へ。久しぶりに香港の山に行ってみたいので日帰りでどこまで行けるかどうかの検討でもしましょうかね。

港珠澳大橋のシャトルバスで橋を渡り香港側イミグレへ。香港側に入ってA33Xに乗って屯門まで行くことに。A系統(空港線)のバスは高く長者(65歳以上)割引が少ないとの噂。全程が27.7HKD、子供、長者割引は半額となっていました。従って13.9HKD、高いですね。値段的にはB4のバスで香港空港へ出て(10分ほど)からE33に乗ると計4HKDとなります(長者)。

A33Xで香港へ


それにしても屯門まではけっこう時間がかかります。これなら深圳の深圳湾口岸からバスに乗った方が早いかも。行く目的地に応じてその都度考えましょうかね。青山に登りたいけど・・・
屯門では久しぶりにイオンへ行って買い物。牛丼も久しぶりに。あちこち遊びました。


帰ります
帰りはE33とB4のバスを乗り継いで港珠澳大橋の香港イミグレへ行くことにして屯門を17時発のE33で出発。香港空港には18時、空港でB4に乗り継いで港珠澳の香港口岸へ。
イミグレを抜けて大橋のシャトルバスへ。実践してみると乗り継ぎが結構大変です。

港珠澳大橋 珠海口岸


珠海のイミグレを抜けて長距離バスターミナルへ着くと19時30分。屯門を出てから2時間半、空港から1時間半。
とりあえず中山行きの最終バス時刻を確認。21時35分までありました。とすると日本から飛行機で戻ってきたとき、香港空港19時頃発のB4バスに乗っても中山に帰ってこれそうですね。

そして今日は20時発。ところが20時30分のは運賃25元なのに20時のは40元!!!
考えていると窓口のお嬢さん、
「大丈夫あなたは60歳以上なので28元です。だから20時に乗れます。」と。
と言うことは3割引ですね。よしよし。

で、バスに乗り込むと新しいバス。少し小さめですが4列ではなく3列シートで座席の前後間隔も思い切り広い。これで値段が高いのでしょうかね。



港澳接駁専線、19人乗りとなってます




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by