FC2ブログ
11 記事  1 ページ

2018.08.06 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

   《陝西省・漢中の家族》中山訪問(4)燕燕の大学決定 漢中に帰ったら大変な行事が

さて4日、彼女らは帰りました。で昨日は朝から晩まで洗濯三昧。忙しい日でした。で、貸していた私の寝室と書斎が私に戻りました。で、昨晩はゆっくり。
で少しずつUPします。

中山訪問(4)燕燕の大学決定 漢中に帰ったら大変な行事が (2018.7.29)

燕燕の大学決定

大学入学センター試験、高考が終わって2ヶ月近く、やっと燕燕の入学する大学が決まりました。

高考の結果が発表されてから希望大学の希望順に12校を提出すると受け入れ大学の調整が始まります。私たちは待つだけ。成績順に3段階、一本(本科一批大学)、二本(本科二批大学)、三本(本科三批大学)、それと専科その他にランク付けされた順に受け入れ大学探しが行われます。一本、二本、三本はそれぞれさらに細かくAからFの6段階にランク分けされているそうな。ランクが下がると授業料が高くなります。二年国内、二年海外の大学、と言うのを選べばさらに高い。

大学では希望者のうち高考の成績の良いものから順にとりますから落ちた人は第二志望へ・・・少しずつ大学が決まって行きます。燕燕には進捗状況の電話があります。で、電話を受ける予定のない日を選んで香港旅行に出かけたわけで・・

燕燕、阿英は連絡が来るたびに相談をして対応を決めていましたがこのたびめでたく西安の大学に決定をしました。広州の大学もエントリーしていたのですがこちらは断念。ま、西安なら漢中に近いので何となく安心。新幹線が開通したのですぐに駆けつけられます。

漢中に帰ったら・・
漢中に戻ってから大変です。高校の証明書を受け取って大学の正式な手続きをしなければなりません。他にも大学入学祝いのパーティをやらなければならないそうです。燕燕のもすでにホテルに手付け金を払っています。パーティに参加するとお祝いが必要で100-300元だとか。燕燕の高校の友人も数人いるわけで友人たちには500とか1000とかを出さなければならないようです。問題なのは出費は全部親の担当でお祝い金は全部大学入学した当人に入るとか(阿英談)。
まとめるとパーティは親が主催してお祝い金は当人が受け取るような感じかな。まあびっくりするほどの金額です。大学生になるというのはなんとまあ大変なこと(親が)。まあ、当人は大学に入るまで高校でしごかれまくってますからね。お疲れさん代と言うところですかね。
とりあえずお祝いに焼き肉を。
まずは・・・・
服をせがまれました。
で開店を待って韓国式焼き肉を。今まで香港なんかで行っていた韓国料理屋とは違いポップな新感覚のお店。燕燕が選びました。

食事を終えて外に出るとお客さんがずらーっと並んでいました。



ま、これで一安心。いつでもマカオへ行けます。

2018.08.07 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

   《陝西省・漢中の家族》中山訪問(5)マカオへ - 燕燕初めてのお化粧

中山訪問(5)マカオへ - 燕燕初めてのお化粧 (2018.7.31)

マカオへ

大学も決定したので安心したところでマカオへ。
いつもの高速バスで珠海へ。拱北口岸からマカオへ。中国側のイミグレ、彼女らは指紋による「自動改札」で素早く審査を通過。こちらも65歳以上のチャンネルで素早く通過。マカオ側もすんなり。ただ夏休み、平日だというのにうんざりする人の多さ。週末だとどんなになるのでしょう。やっぱり夏休みは休眠状態がいいですね。

まずは17路のバスで終点(白鴿巣総站)まで。私がマカオに来て初めて乗ったバス。ここから歩いて聖ポール天主堂跡に向かいます。この狭い道の雰囲気がなかなか好きです。
カメラを取り出して写真を・・またやってしまいました。SDカード、ノートPCに入れたまま。しょうがない、タブレットで撮影するしかないか。

聖ポール天主堂跡、炮台、博物館を見るとあとはカジノですが子供たちは入れません。阿英は見学したいと言うのであのガンダムのビルの1階のカジノを少しぶらぶら。


燕燕 初めてのお化粧
彼女は阿英の香水をかすめて少しずつ使っていたようですが化粧はしたことがないとのこと。そして高校を出たので化粧をしてみたいというのであの歓楽街近くにあるニュー・ヤオハンのブランド店にやって来ました。

阿英が話をして実演をするようなことに。買う気満々?
阿英の方が燕燕に化粧させたいと思っているような気もしますが・・・気のせいかな

結局私が「高い。だめだめ」と言う中、1セット購入。とほほ・・
販売員はにんまりと言うところですね。
まあ、あとは自分で安いものを買うようにとかで。



買い物を終えると時間切れ。拱北口岸へ、中山へ戻ります。











2018.08.08 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

   《陝西省・漢中の家族》中山訪問(6)珠海の海へ

中山訪問(6)珠海へ (2018.8.2)

珠海へ

さて漢中に戻る日も間近、最後の外出は阿英の身内のいる珠海へ。
マカオへ行くときと同様、高速バスで珠海・拱北まで乗ってバスを珠海ローカルに乗り換えます。身内を交えて昼ご飯を食べたあと身内の案内で珠海見物。
観光用のバスがあるとかでこれに乗って珠海の漁女の像へ。
観光用路線バス L1路 Lは旅游(lǚ yóu)かな?
 
海のない内陸部の漢中からです、海がとても珍しい。星星がはしゃぎ回ります。普段は1km歩くというと顔をしかめるのにこの日は海辺の砂浜を裸足で歩き続けます。阿英も裸足に。
開通が遅れている港珠澳大橋がきれいに見えました。

このあと小さな小島に建設された珠海大劇院へ。とても個性的な大きな建物でいい感じ。夕方から珠海の身内はまた仕事があるのでここで午後のお茶(下午茶)をして解散。



午後のお茶で星星が頼んだのはでっかいコップのアイス。座ったままではストローで吸えないので立って・・・



あと拱北に戻って高速バスで中山へ。



珠海
珠海漁女雕像をバックに






港珠澳大橋


珠海大劇院


2018.08.09 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

   《陝西省・漢中の家族》中山訪問(7)さよなら・・彼女らは漢中へ 飛行機は自動チェックイン

中山訪問(7)さよなら・・彼女らは漢中へ 飛行機は自動チェックイン (2018.8.4)

中山候機楼から深圳宝安空港へ

2週間の中山滞在を終えて彼女らが帰る日となりました。遠くて不便になった空港バスターミナルへタクシーで。
12時45分の離陸。航空会社の案内には2時間前に空港に来いと。たしかに中国は国内も国際便と同様の手続きをしますから基本的に同じ条件。
逆算して8時10分のバスに。バスは15分遅れで発車、深圳宝安空港には10時20分過ぎに到着。



右の所から印刷されたチケットが出てきました。
チェックインは自動です。ICカードになった身分証を使います。


慣れてないので空港の案内服務員に手伝ってもらいます。
3人分ありますのであとは自力で。


うまくいってチケットが印刷されて出てくると星星は満面の笑みで「OK!」、ガッツポーズ。

彼女らの香港マカオ許可証通行で指紋による「自動改札」化といい飛行機の自動チェックインといい、ほんとに便利になりました。
以前(20年前?)香港から深圳まで1日かかってイミグレを移動したときもあったことを考えると隔世の感があります。もう年寄りですかね。

このあとマクドナルドで簡単に食べて休憩。何しろ案内にしたがって2時間以上前に来ていますから時間はたっぷりあります。
それでも時間が来て彼らは安全検査に・・星星は両手を大きく振ってさよなら。みんな元気でね。
帰っていくのは3人ですが残ったのは一人。不公平やろ。


時間も早いし深圳に来て中山にそのまま帰るのもなんなのでちょっと深圳をぶらぶら。久しぶりに鳳凰山に行きました。
《陝西省・漢中の家族》中山訪問 おわり

2018.08.10 カテゴリ:深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   《深圳の公園》深圳空港の帰りに深圳地下鉄・・鳳凰山へ

深圳空港の帰りに深圳地下鉄・・鳳凰山へ (2018.8.4)

鳳凰山森林公園へ

彼女らを見送って深圳宝安空港を出たあと、地下鉄に乗ってみようと地下鉄駅へ。実は深圳地下鉄第三期工事が終わってからまだ新しい路線に乗ったことがないのです。で、試し乗り(シニアは無料ですから)と思ったのですが福永站を過ぎると鳳凰山へ行ってみたくなってスマホで鳳凰山森林公園へのバスを検索。福永站に引き返して下車、M236路のバスに乗り換えて鳳凰山森林公園へ。


公園の前の福鳳路
バスの車窓の景色、かなり変わりました。きれいです。鳳凰山森林公園への道(福鳳路)は植樹されていた街路樹が大きく育ち歩道に大きな木陰を作っています。すでによく整備された都市公園となった感じがします。
帽子もカメラの用意もないのですが折りたたみの雨傘があるので帽子がわりに、カメラはタブレットでなんとかなるでしょう。
時間的に十分ではありませんが中腹の古廟までなら15分ぐらいで登れるのであとは登ってから考えましょう。
一応帰りのバスの時刻を調べると・・地下鉄で空港まで行けば中山行き空港バスが最終20時30分まであるようです。してみると、鳳凰山ならいつでも中山から来られそうですね。


中腹の古廟へ
では懐かしい鳳凰山を登ります。石段を登り続けて20分、古廟に着きました。
それにしても暑い。のぼせ上がるようです。時間や体力を考えて今日はここで帰ることにしました。鳳凰山脈最高点の展望台はまたの機会に。

帰りのバスは沙井へ向かうバスに乗りました。沙井も久しぶりなのでどれだけ変わっているか見てみたいから・・
沙井も美しくなっていました。おかげで幽霊ビルがすごく目立っています。どうするのでしょう。
あれこれ
古廟にある展望台ですがここの階段がめっちゃ急なのです。傾斜は45度以上あるのは見てすぐわかるのですが正確にはどれくらいなのだろうかと・・
Androidアプリをダウンロード、インストールして測定してみました。

 

ほぼ58度もありました。エスカレータが一般的に30度ですからエスカレータの倍の角度です。
深圳一と思える斜度を持つ小梧桐山の登山道・凌雲道の角度も測定してみたいですね。Msxではおそらく同程度はあるような気がします。


鳳凰山森林公園へ
右の山に鳳凰山系の最高点。山頂には大きな展望塔があります。


メインの入口です。


この石段を15分ほど登ると古廟へ



古廟です




正面の山に最高点があります。今度来るときは・・


福永の展望。




沙井
帰りは沙井に出てみました。きれいに町の整備がされていて高層ビルもたくさんできていました。
でもまだ幽霊ビルは健在です。どうするつもりなのかな。


2018.08.12 カテゴリ: 陝西省・漢中(★汉中)のこと 

   《陝西省・漢中のこと》燕燕の大学 ・ 費用

燕燕の大学 ・ 費用

燕燕たち、漢中に戻って燕燕の大学の手続きを終えました。

1年の経費は2万9800元。なんかスーパーの表示価格みたいな・・・ 日本円で50万というところですね。
ここには一年の
学費、書籍費、住居費(寮費)、水道電気費、洗濯費(洗濯物を出せば洗濯してくれるそうです)、布団費(寮の統一された布団とのこと)、大学医保費(医療保険でしょうか?)、予防接種費、体験費が含まれます。
他に高校の時のような軍訓費、軍訓服装費も含んでいます。ちょっとわからないのが体験費、これも含まれているとのこと。

個別の費用とか二年目の費用も同じなのかとかは今のところ不明ですが、これを払えば1年は生活費のみ必要と言うことになりますが・・
実際の費用は1年過ぎてみないとわからないでしょうけど。
大学の宿舎の写真をネットで探ってみました。
机の上がベッドのようです。
椅子がしんどそうですね。椅子をいいのにすればいいのかな。中学校のとき寮にいい椅子を買ったように 。





2018.08.15 カテゴリ: 中山日記 

   《中山》迷走台風がやっと離れていってくれたかな・・

迷走台風がやっと離れていってくれたかな・・ (2018.6.15)

長かったですね。天気予報が雨の連続でどうしたのかなと思っていたら台風の影響で雨が降っていた様子。
しかも大迷走台風で何をしとんじゃ・・と言うくらい同じ所をぐるぐる回るという・・
おかげで毎日雨が降ったりやんだり、時折激しく降ります。たまに青空とめまぐるしく変化。

見事な迷走ぶりです。黄色が濃くなると台風が強くなります。


やっと西に通ざかってくれるみたいですね。天気予報は明日あたりから晴れ間も出るようです。

冬は能見度(視界の良さ)が悪いのですが天気はいいですね、乾燥もしてるし。6月から8月あたりは能見度がいいのですが雨も多くなかなかきれいな山の写真をとるのが難しい。うまくいかないもんです。

2018.08.18 カテゴリ: 中山スポット 

   《中山生活》新しい空港バスターミナル - 5つの空港をつなぐ中山候機楼

新しい空港バスターミナル - 5つの空港をつなぐ中山候機楼(★中山候机楼)

漢中の3人を迎えに行こうとして盛景の候機楼から深圳空港行きがなくなっていて少しパニックになったのですが、6月16日(2018年)に新しい場所に変わっていました。
今までの候機楼からすると在来線から新しい新幹線の駅になったような感じ、とても広く美しくなりました。ネットによると広さ6倍になったとか。

新しい中山候機楼

香港、澳門、広州、深圳、珠海の各空港へのバスが運行されています。
ウェブニュースでは飛行機のチェックイン機能もあるように書かれていますが未確認です。


新しくグレードアップされた中山候機楼は

西区懿峯候機楼
中山市西区翠峰路 6 号懿峯国际广场一楼




もう一つ古鎮にも候機楼があるようです。

微信(WeChat)

ここには各候機楼のバス時刻表のほかいろいろな情報にアクセスできます。微信用QRコードです。



ホーム

バス時刻表












2018.08.23 カテゴリ: 生活 

   新しいタブレットを買う - 華為(HuaWei) M5 8.4型を求めて買い物顛末記

新しいタブレットを買う - 華為 8.4型を求めて買い物顛末記

新しいタブレットが欲しい・・
現在使っているスマホ代わりのタブレットはASUSのZENPAD-8。スマホが小さくて不便なのでタブレットでスマホ代わりにできないか試してみようと思い3年前に日本で出始めたSIMフリーのを買ったものです。
SIMフリーが出たばかりでしたので機種は多くなく・・メモリーも16Gしかありません。で、現在使用率が90%近くに達して余計なアプリをアンインストールしたり、地図アプリのデータや写真などは外部SDカードに移動したりして耐えてきたのですがだんだん耐えきれなくなってきたのと電池の減り方がすごく早くなってモバイルバッテリーとセットで持たなければならず不便なので新しいものを買おうと・・・
まあ一番メモリーを使うアプリは微信でした。最近は派手に写真とか送ったりしたので急激にメモリーが減りました。試しにアンインストールしてみたら・・・・なんと12%のメモリーの空きができてちょっとびっくりでした。

新しいタブレットの機種を策定
ただ、中国で買うと中国大陸バージョンになります。Googleはアクセスを禁止されているのでGoogle Play やYoutubeなどのGoogle系ソフト環境のないプレインストールになっているはず.。他にもアク禁系の何らかのソフトが組み込まれているような気がするので香港とか日本で買うことにしました。

機種なのですが・・これが問題でタブレットをスマホ代わりに使っている人を見かけることがないのでこういう使い方をする人は珍しいかも。で、機種がまだ少ないのですが今年華為(HuaWei)から新しいタブレットが出た情報を知り検討を始めました。機種はMediaPad M5、電池は5100mAhと強力。
大きさは手頃な8.4があります。今使っているのとほぼ同じ。メモリーはLTEタイプだと32Gと64G。(WiFiタイプやスマホだと128Gがあるのですが・・)
64Gが欲しいので淘宝やアマゾンで調査。淘宝(どこで買っても同じみたい。中山の順電でも。)では2880元ですね。日本では32Gしか売ってなくて4万7000円程度。とすると中国で買う64Gと日本で買う32Gがほぼ同じ価格。中国では16%の消費税が付いています。

さて買いに行きます
先日久しぶりに香港のモンコックの電脳街へ行ってみました。モンコックはこれだけ大きかったかなと思うほどの感じ、女人街がみすぼらしく見えました。
ただタブレットは見つからず。店員さんが華為のタブレット・・と言うとあまりいい顔をしてくれないような・・・中国人と思われたかな。

で、22日、マカオへ出かけました。ニューヤオハンの6階にタブレットがあるようなのでまずそちらに。ありませんでした。
さらにマカオの電脳街へ。ありません。店員さんの話では売っているのは電話部だと。で、イミグレまでは歩いて行けそうなのでイミグレまで歩きながら店屋を探しました。
当たりをつけて入っていくと・・・


ふと横を見ると目の前にありました。


仕様を確認します。・・・OK。HKD 3050、マカオドル(MOP)なら3146。淘宝価格よりも少し安い。ただカード(銀聯、デビット)で支払うと2%高くなって3209パタカだと。
新品は店になく持ってくるので10分ほど待ってくれとのこと。その間、店のWiFiをセットしてネットでいろいろ確認しました。そのうち「バイク便」がやって来て購入終了。
私の支払い銀行からSMSが届きました。人民元で2736.64元支払われていました。淘宝よりも150元ほど安いですね。

思えば買うまで長い道のりで何をごちゃごちゃしていたのだろうか、と思いましたが、ま、目的達成です。欲を言うならば中国と日本のSIMカード2枚を納めておけるツインSIMのが欲しいのです。スマホなら安い機種からでも普通についているのですが今の段階でタブレットには無理ですね。

マカオでこうした買い物をするのは初めてでしたがけっこうマカオ人って優しいですね。電脳街でももうけにならないのにいろいろ教えてくれましたし、買ったお店の対応もすごくよかった。またなんか買ってみようかなと言う気になりました。

マカオ


2018.08.27 カテゴリ: 生活 

   新しいタブレット華為 MediaPad M5 購入その後 環境をコピーするクローン・アプリ

新しいタブレット華為 MediaPad M5 購入その後 クローン・アプリ

新しいタブレットを買って大変なのがアプリのセッティングです。さて・・

新しいタブレット華為MediaPad M5 simフリー のセッティング

マカオで買いましたのでGoogle Play環境は整っています。で、まずはGoogle Playが作動できるようにVPN環境のセッティングですね。とりあえずPCに保管してある2つの無料アプリのapkファイルをUSBから直接インストール。
そしてGooglePlayを起動して一つ一つアプリをインストール。

環境設定をしている時にやっと気づきました。MediaPad M5に古い端末から新しい端末にデータを移行できる「Phone Clone」アプリがプレインストールされていました。
古い端末にもこのアプリをインストールすると環境のコピーができるようです。試してみました。


クローンアプリ Phone Clone
旧端末にアプリをインストール。

両方のアプリを立ち上げて・・

アプリの起動画面です。それぞれ古い端末か新しい端末かを選んで作業を行います。
インターネットを使って移行しますので同じWiFiを使います。我が家にはWiFiを3つ作っていますのでややこしい・・・


古い端末がAndroidかiOSか聞いてきます。
iOSからでも移行できると言うことでしょうか。

アプリの指示通りにQRコードを読んで両者の接続をとってスタートです。
クローンアプリに気づく前にすでにたくさんのアプリをインストールしたのですがそれでもけっこう時間がかかりました。公開されていないアプリもあってGoogle Playからインストールできなかったのもいくつかあったのですが全部コピーされていました。問題なのは・・
VPNアプリが動作できなくなっていました・・・一瞬青ざめましたがインストールし直すとOKでした。やれやれ。
外部SDカードは旧端末から新端末へ、そのまま移し替えてOK、使えました。


大まかにセッティングして使ってみると・・
さすがに16Gから64Gになり、メモリーも3Gから4Gになっただけあって内部ストレージは20%台の使用率になりまして動きもすごく速くなりました。



これから細かい調整があるので内部ストレージの使用量はこれからまだまだ増えていくでしょうが余裕はありそうですね。

2018.08.28 カテゴリ: 中山日記 

   来年のHKExpress帰省チケットを購入

来年のHKExpress帰省チケットを購入 (2018.8.27)

来月から2ヶ月ほど奈良に帰省するチケットは購入済みなのですが、昨日HKExpressからメガセール(安売り)が始まったとのメールを受け、すかさず来年前期の帰省分、香港→大阪を購入しました。
奈良帰省を1年2回、季節も決めていますので気楽な生活の私、日にちはずれてもかまわないので安いのを買えばよろしい、と言うことで今回も込み込みで香港ドル493でした。
あとはピーチの大阪→香港便をゲットしなければ。気長に待っていればそのうち3690円で売り出されるでしょう。込み込みで5600円ぐらいでしょうか。往復1万3000円から1万4000円程度です。



さすがに香港人が多いためでしょうか、遅い時刻の便はいつもよくすいています。こちらは逆に遅い便の方が具合がよろしい。
以前のPeachの夜中便を思うとはるかに楽になりました。


とにかく一番安いFun(3570円)を選びオプションはすべてなし。それでも空港費がこれより多くトータルで7390円に。
昔は香港の空港費って安かったのですけどね。客のお金で空港を建設しようと言う・・・

預ける荷物がなければオンラインチェックインができるので時間的に楽になりますし。 手荷物重量のチェックもありません・・




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by