1 記事  1 ページ

2018.07.02 カテゴリ: 生活 

   《中山》宅急便の配達・豊巣知能櫃(★丰巢智能柜)、 ネットショッピング

昨日は香港返還21周年の記念日でした。伝えるところによると香港の議会でも(公平なやり方ではないように思えますが)親中派が過半数になっているとかで年々デモの規模が小さくなっているようです。
でも1997年から21周年です、あと29年・・・


宅急便の配達  (2018.7.2)

受け取りロッカー(豊巣知能櫃 ★丰巢智能柜)に配達中です。電動車のようですね。


夏の準備のため淘宝でいろいろ買い物しましたが一段落。今ではたこ焼き粉、お好み焼きソース、宝味醂、米(あきたこまちやコシヒカリ)などイオンでもなかなか手に入らないものを定期的に宅配してもらっています。

宅配便受け取りロッカーの豊巣知能櫃がマンションに設置されて2年近く経ちました。ほんとに便利です。微信(WeChat)で通知が来て地下のロッカーに行くと配達員がどっさり配達品を入れていました。けっこうひっきりなしに来ているのを見かけます。繁盛しているのでしょうね。


観察していると写真のように配達員がボックスに品物を入れて豊巣知能櫃に配達員のQRコードを読み取らせるとドアがロックされて暗証番号が設定されるみたいな感じ。同時に微信(WeChat)で受取人に暗証番号が送られてきます。
ですので配達時に家にいる必要がないし、煩わしい中国語の在宅確認電話を受け取ることもありません。ストレスなしですね。ロッカーに入らない大きな品物は駐車場の片隅でマンションのガードマンが管理しています。
この豊巣知能櫃、まだ使用したことはないですが宅急便をこちらから送ることもできるようです。説明書きがありました。

それにしても・・だんだん支付宝(アリペイ)とか、電子決済におしりを突かれている感じ。ネットの淘宝で 買うときはネットバンキングを使うのでスマホでは決済できないので少しずつ不便さがたまってきた感じかな・・
ただ支付宝とかに登録するとまた個人情報が必要なので・・・


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by