FC2ブログ
1 記事  1 ページ

2013.04.02 カテゴリ:深圳の山と公園 >  塘朗山公園/梅林山公園 

《深圳の山》雨の切れ目に裏山へ - 広東油桐(カントンアブラギリ)の山径 (2013.4.1)

少し咲いていました 広東油桐(かんとんあぶらぎり)

雨の切れ目に裏山へ (2013.4.1)

裏山(聖人大座)へ
しばらく外出する気にならない天気が続いていたのですが天気は悪いながらも雨が降らないような気がしたので裏山に登ってみました。
そろそろ広東油桐(かんとんあぶらぎり)の花が咲く頃なので様子見に。
裏山の油桐の小径は無名の山頂を行くコースからそれて山頂を通らずに山腹を迂回しますのでどちらかと言えば楽ちんコース。雨の影響も少なくなっていました。水はけがいいのでしょうか。
そろそろくもの巣の季節ですね。いくつものところでくもの糸が顔にかかりました。くもが巣を作る準備なのでしょうかね。

油桐の木にはつぼみが多いながらも少し花が咲いていました。もうすぐ満開になるのでしょうか。思っていたよりもたくさんの木が見つかって満開になる頃が楽しみです。

下山してふもとのミニ水庫、禾鐮坑水庫のほとりを歩いていると木の枝に真っ青なものが・・ レジ袋みたいなのが引っかかっているのかと思ってカメラの望遠で確認すると・・なんと鳥でした。枝がじゃまになってアングルをねらって撮影しようとするとこちらに気づいたのか飛び去ってしまいました。
カワセミのような鮮やかな色。飛び去る真っ青な羽に白っぽい斑点が見えました。
急ぎ帰って図鑑で調べてみると緑青鶲(ろくしょうびたき)だと判明、観察の難易度がかなり高い鳥(なかなか見られない)。写真を撮れなかったのが悔しい。
《その後の調査で緑青鶲よりも飛ぶ時の白っぽい斑から仏法僧だと思われます。》

 


禾鐮坑水庫と紅嶺中学と裏山(聖人大座)


まっすぐ行くと無名の山頂経由で聖人大座山頂へ。 今回は右の楽ちんコースで油桐山径を。


広東油桐の幹と葉


左の細い木が広東油桐


少し花が咲いています。


広東油桐の葉。この葉が見えたら見上げて花を確認。


花です。


遠くにも




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by