FC2ブログ
23 記事  2 ページ
前のページへ ◄

2013.02.24 カテゴリ: 深圳日記 

ああ 今日は元宵節か

月の見えない元宵節の日

元宵節2013

今日は元宵節
外で花火がぽんぽん聞こえると思ったら今日は元宵節、陰暦の正月15日です。
陰暦は月の満ち欠けで日を決めますので正月の1月1日は必ず新月で月が出ませんが、15日の元宵節、縁起は諸説あってはっきりしないようですがともかく年が明けて最初の満月の日です。
「上元節」、「灯節」とも称されるこの祭日は古代中国の漢文帝(紀元前179年―紀元前157年)が周勃氏により諸呂の乱を平定した正月十五日を記念してこの日を元宵節と定めたといわれる。元宵節の縁起には諸説があり定かでない。
(中華人民共和国駐日本国大使館HPより)
残念ながら天気が悪くて月は見えませんが一応花火がにぎやか。

ほぼ1ヶ月あった学校の正月休みも今日で終わり、明日からは裏山ふもとの紅嶺中学(高中)も新学期が始まります。今日の昼間は学校の寮にゴロゴロ鞄を引きながらやってくる生徒でにぎわっていました。

 

マンションで

2013.02.27 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《香港花暦》 マングローブ ●角藪柑子(ツノヤブコウジ)★桐花树・桐花樹 - 香港湿地公園で

マングローブ  角藪柑子(つのやぶこうじ)
(201)

角藪柑子(つのやぶこうじ) 桐花树桐花樹 - 香港湿地公園で(2013.2.27)

ビザの切れ目で香港へ。
圓頭山に登ろうと思っていたのですが、いつ雨が来てもおかしくないほど空がどんよりとしていたのでいつもの湿地公園に変更して昼から出発。
湿地公園に着く頃には空が晴れて・・・ まあこんなもんです。


胎生芽が育ち始めたオヒルギ。
バナナ状のものが大きくなってから落下します
湿地公園ではマングローブ類の花が咲き乱れてました。オヒルギはすでに種から胎生芽が出ておりました。ヒルギ類は種から樹上でそのまま発芽、ある程度の大きさまで育ってから地上に落下します。ほ乳類みたいに子供になるまで親の木が面倒見ます・・

角藪柑子
そして今日の主役は同じくマングローブの角藪柑子(つのやぶこうじ)。主にインド、東南アジアから南アジア、オーストラリアに分布します。

角藪柑子(つのやぶこうじ)
桐花树桐花樹 (tóng huā shù)

学 名Aegiceras corniculatum
科属名ヤブコウジ科ツノヤブコウジ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








2013.02.28 カテゴリ:中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

《香港花暦》 汽水に咲く花 ●水柊(ミズヒイラギ) ★老鼠簕 - 香港湿地公園で

水柊(みずひいらぎ)
(202)

水柊 (みずひいらぎ) 老鼠簕 - 香港湿地公園で(2013.2.27)

香港湿地公園でマングローブの角藪柑子(つのやぶこうじ)に混じって咲いていました。
インド、アジア、太平洋の熱帯から亜熱帯にかけて分布するとのことで、マングローブには分類されていないようですが海水と淡水の混じり合う汽水域に分布するのでマングローブに分類する説もあるようです。

水柊 (みずひいらぎ)
老鼠簕 (Láo Shǔ Lè)

学 名Acanthus ilicifolium
科属名キツネノマゴ科ハアザミ属
開花期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
果 期1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
●和名漢字(よみ) ★中国名简体字・繁體字 (ピンイン)








Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by